果物は皮ごとガブっとかぶりつくのが一番!切って食うより圧倒的にうまい。

僕は果物が大好き。

特に夏の果物は美味しい。

 

台湾には行けないけど、

日本の夏の果物もとてもうまい。

 

個人的に、プラム、桃、イチジクが大好き。

 

果物を切って食べるなんてもってのほか。

皮を剥いてガブっとかぶりつくのが一番です。

 

 

 

かぶりつく事はエコです。

 

 桃を包丁できるなんて!

台湾旅行では必ずナイフ、紙皿、ナプキン、フォークを持参。

台湾の果物は美味しい!

 

しかし、マンゴーもパッションフルーツも、

レンブも釈迦頭もスイカもパイナップルも、

必ず切る工程が必要。

 

ウルシ科のマンゴーのかぶりつきはご法度です。

 

しかし、日本の夏の果物は、

メロンやスイカ以外は皮を剥くだけ。

 

毎年相方が会社の斡旋販売の果物をオーダーしている。

せっかくやってきた桃を、

包丁でスライスして食ってやがる。

 

ええ、本当に信じられません。

驚愕です。

 

皮を剥いて食べれる果物を、

わざわざ包丁とまな板を使用してスライスするなんて。

 

果汁溢れる果物は、

そのままガブっとかぶりつくのが一番です。

 

包丁で果物を切って、

貴重な果汁を無駄にするなんて大馬鹿ものです。

 

 ガブっとかぶりつくのが一番

桃は食べる前に少し揉んであげると、

皮がスルンと剥ける。

 

イチジクは熟していたら、

サラッと剥ける。

 

わざわざ包丁で切る必要ないでしょ。

ああ、本当に信じられません。

 

そのままガブっと食うのが一番うまいんだ。

 

果汁が口にグワーッ広がるから、

かぶりつくことが最もうまみを引き出すんだ。

 

7月はプラムの最盛期。

ソルダムや月光は果汁たっぷり。

 

皮の酸味と甘さの絶妙なバランスのプラムを、

相方が包丁でスライスしていた。。。

 

果物はかぶりつくんだよ。

包丁とフォークで食うものではない!

 

ガブっとかぶりつくのが一番うまいんです。

カブっとしている最中のグロさを気にしてはいけません。

 

 まとめ

昨日、ようやく店頭でイチジクを購入しました。

地元の静岡ではイチジクの季節は6月。

 

関西に来て、初めて果物の季節にずれがあると知りました。

 

栗東のイチジクは京都のイチジクより美味しい。

白イチジクはネットリ重たい甘さで、

個人的に大好き。

 

イチジクはカブっとかぶりついていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。