台湾 花蓮の落花生の産地!鳳林の美好花生へ

今年の正月に花蓮の鳳林へ行きました。
何件か目当てのお店や施設を訪問。

残念ながら事前連絡が必要で、やってなかった施設もありましたが。

炭の施設、老舗の落花生、染め物の店、日本統治時代の施設などなど。
鳳林は言わずと知れた落花生の産地です。

台東の関山でも有名なナッツのお店がありますが、今日は鳳林の有名な落花生のお店を紹介します。

 

↓ ちなみに鳳林の駅はこんな感じ

鳳林駅

花蓮 鳳林 美好花生

台湾のページにも記載してあります  → 台湾

花蓮の鳳林の美好花生

住所は花蓮市鳳林鎮中和路46-1

落花生で有名なお店です。

以前たまたま花蓮の市内の雑貨屋でこちらの商品を買いました。
なんともおいしかったため、ぜひ手にしたいと思いこちらへ行きました。

 

花蓮 鳳林 美好花生

 

お店までの道のりはこんなです。

 

 

↓ 畑が一面に広がる

 

大都市とはちがい、のんびりしていますね。

 

美食 落花湯

店舗ではこの落花生のスープ 落花湯を食すことが出来ます。
これがまたびっくりするお味です。

こういうのはやはり日本では食せない!

やさーしい母親の味がします。
落花生てスープにすると甘さが増すような気がしました。

それほどタンパクには感じません。
ホッとするおいしさでしっかりと豆の味がする!

茹でた落花生を食べたときのあのホクホク感をスープで飲んでいるような感じです。

花蓮 鳳林 落花湯

落花生のお土産たち

↓ 落花生のお土産です。

写真はありませんが、4種類のナッツペーストがうられていますよ。

花蓮 鳳林 落花生

日本で売れているようなナッツペーストではありません。
余分な糖や添加物が一切入っていない、正真正銘のナッツのみのペーストです。

僕は4種類すべて購入。

なんとも濃厚で、パンに塗ってもナッツナッツでした。
他にもピーナッツオイルも売っています。

お店のは日本語は通じません。
英語は通じます。

英語を勉強していきましょう。

まとめ

鳳林はたくさん見どころがあります。

1日いても楽しめます。

グーグルマップで周辺を調べるてみてください。

花蓮というとタロコがまず有名ですが、花蓮駅から台東までの各駅は、実に様々な見どころや特産品があります。

残念ながら、日本ではそういったガイドブックはありません。

現地で発行されているガイドブックから情報を得るのが一番ですね。

今年訪問した時は、本当は部族のコーヒーを買いたかったのですが、事前連絡が必要みたいでした。

花蓮から台東までの各駅の町の難点は、英語があまり通じないこと。日本語もしかり。

あとは、とても夏は暑そうです。

◆◆◆今まで旅行した各地をアップしています◆◆◆

◆◆◆ぜひこちらへ◆◆◆→ 台湾Gallery → 台湾

質問はお問合せください → 問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です