パンデミックを防ぐ。大人は麻疹のワクチン接種をしましょう。

先日、麻疹の予防接種の予約をしました。
10,000円程だとのことです。

GW前から日本国内での麻疹感染者が、150人を超えたようです。
発端は、沖縄旅行をしてた台湾旅行者からだったとのこと。

台湾のせいだ!
という声がチラホラ聞こえます。

ひどい話です。

確かに発端はそうかもしれませんが、感染が拡大してしまう原因はそれだけではないと思います。

無知がパンデミックを引き起こす

仕事でも同じですが、事が起こったときに考えるべきことは2つあります。

問題に対する迅速な対応。

同様の問題を発生させない事。

一度広がった感染症を抑制するには、拡大を防ぐほかありません。
麻疹に対する対処法は、ワクチン接種が最も有効と言われていますよね。

僕も偉そうなことは言えませんが、自分自身が麻疹の予防接種1回世代という事を知りませんでした。
行ったかどうかもわかりません。

そして、2回打たないと十分免疫ができない事や、非常に感染力があることも知りませんでした。
僕のように、無知である人間が感染を広げてしまうのかもしれません。

ワクチン1回世代は、ワクチン接種を義務付けする。
感染症に対する正しい知識の取得を促す。

これらをもっと徹底していれば、拡大は防げたかもしれません。

ウイルスなんて目に見えませんよね。
誰もが知らず知らずのうちに、拡大させる可能性があります。

一応、日本は風土病としての麻疹は撲滅したこととなっています。
今後流行が起きないよう、国は大人に対するワクチン接種の義務付けをしてほしいですね。

 国に頼らず、自らワクチン接種を

僕は毎年、インフルエンザ予防接種を受けています。
もちろん、自腹です。

インフルエザは予防接種をしてもかかってしまうことはよく知られていますよね。
一方、麻疹の場合は免疫ができれば、かなりの確率で発症を防げるようです。

だったら受けよう!と思いますか?

自費診療で金額が10,000円。
医療関係者でもなければ、自発的に受けようとは思わないかもしれません。

僕の世代は、1回の予防接種世代は危険!!
と言われていますが、実際はどうでしょう?

熱が出ていても、頑張って電車に乗って会社へ行くのが美徳の国です。
台風でも、早めに出勤するのが当然の国です。

受けない人は多くいるでしょう。

国が補助を出して義務付けにすればいいじゃない!
という人もいます。

しかし、それではまた医療費が膨れ上がります。

大人の方は、今後の予防策として自らワクチン接種をしましょう。
それが、今回の問題から学ぶべき今後の予防策です。

 海外渡航はなくせない

話はそれますが、4年前、エボラ出血熱がアフリカを中心に大流行しましたよね。
多くの方が命を落とし、医療に携わった方も多く亡くなりました。

当時、国外からの日本入国や国外への出国は禁ずべきだ!
そういう意見を多く目にしました。

麻疹もそうですが、こういった感染症が起きると、すぐに外国人のせいにする人がいます。
今回は、台湾を揶揄する声があります。

入国や出国禁止=鎖国でもしろと?
当然ですが、僕らの生活は毎日多くの国と交流があるからこそ成り立っています。

日本だけで生活や経済が成り立っているわけではありません。

多くの物が日本に持ち込まれます。
多くの人が、日々仕事で日本を行き来しています。

海外からの病気の持ち込みを防ぐことは重要です。
しかし、そのために全く国と国との往来を禁止するなど不可能です。

渡航を禁止してしまえばいいなど、浅はかで自分勝手な考えだとわかりますよね?

感染症に対する意識を変える

3年前には、デング熱が流行しました。

あまりニュースにはなりませんでしたが、その前年の夏、日本を旅行したヨーロッパの方が、帰国後デング熱を発症したというニュースがありました。
日本で感染したのだろうと、当時から言われていました。

また、タイやベトナムなどの東南アジアは、日本では人気の観光地ですよね。
旅行から帰国後、発症する方も毎年います。

気付かないだけで、ウイルス性の感染症など、身近にあります。

日本はあまり蚊=殺人鬼という認識はありません。
しかし、世界的には蚊は最も多くの人間を殺す殺人鬼と認識されています。

デング熱やマラリアなどは、旅行ブックには必ず注意するよう記載があります。
デング熱はおそらく今まで日本でもあったのでしょう。

実際には、海外から病気が持ち込まれています。
感染症に対する意識を変えるいい機会なのかもしれません。

ゴホゴホしていたら、仕事よりもまず病院へ行きましょう。
熱があるなら会社休みましょう。
調子が悪ければ、早く病院へ行きましょう。

仕事を理由にせずに、病気に対する意識を変えましょう。

まとめ

麻疹に関しては、大人に予防接種の義務付けをすることは難しいですよね。
なので、大人なのだから自らワクチン接種をしましょう。

10,000円(もしくは2回分で20,000円)で発症を防ぐことができれば安いものです。
パンデミックを防止できます。

さて、僕がよく訪問する台湾。
2年前、高雄ではデング熱が流行していました。

僕は蚊に刺されない対策として、空港に着くと必ずすぐに蚊よけスプレーを買います。
日本の虫よけはまず効果がありません。

絶対に、現地で買いましょう!!!

特に、花蓮や台東では米粒見たいな蚊が多いです。

これに刺されると悲劇です。
ぜひ気を付けましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です