台湾旅行に行くなら、現地で注意したい事。オススメな事。

前回は台湾旅行で準備した方がいいものを書きました。

今回は、現地で注意すべき事を書きたいと思います。

 

日本から近い!といっても、外国ですからね。

東部や南部の山間部では、あまり日本の観光客はいないようです。

 

罰金とか犯罪に巻き込まれると、せっかくの旅行が最悪です。

快適な旅行のため、いくつか注意をしましょう。

 

↓ こういう看板いいすよね。台中です。

 

 

地下鉄は飲食禁止

有名ですが、台北でも高雄でも地下鉄は飲食禁止です。

罰金もあります。

 

GWに松山空港に到着し、地下鉄で列車を待っていたら、

日本人の複数のカップルが、ペットボトル飲料をぐびぐび飲んでました。

 

これはいかんです!

王道のガイド本、地球の歩き方を読みましょう!

 

各国のマナーは必ず記載されています。

近い国だから、新日だからではなく、外国なので、

その国のマナーや風土を大切にしましょう。

帰国前に台湾国内(空港)で、日本円に換金すること

日本円への換金は、必ず台湾国内(空港)で行いましょう。

日本へ帰国後、円に換金するとかなりレートが悪いです!

 

これも有名な話ですが、余ったお金が多い場合、

うっかり日本で換金すると1万単位の損します。

 

免税店で買い物をしたい場合、予め予算を確認しておきましょう。

 

因みに、免税店で販売されている書籍がおすすめです!

現地のガイド本なので、情報量が新鮮かつ豊富です。

 

ガイド本に限らず、外国の本はみているだけでも楽しいです。

人前で変な話をしない

台北や台中、高雄、台南などの中心都市では、かなり日本語が通じます。

台南のローカルなお店は通じないこともありますが。。

 

また、一般の人でも日本語がわかる人が多いです。

台東のマカロン屋さんへ行ったとき、

(絶対観光向けじゃないのに)店主さんは日本語をかたことながら話せました。

 

こちらの話の内容がわかってしまいますので、言動に注意が必要です。

と、かれこれ5,6年前にパートナーに言われました。

 

また、地下鉄では、年配者や妊婦さん、障害者には席をゆずりましょう。

お菓子やお茶は、本店へ行きましょう

僕はお菓子好きです。

特に、台湾のPケーキや中華菓子は大好きです。

 

街角や個人営業のベーカリーや洋菓子屋さんもいいですよね。

特に台北では、大きなデパートに有名な老舗菓子屋が入っています。

 

SOGOや三越なんかへ行けば、お土産は揃うでしょう。

高雄では、高雄駅のあのでっかい三越でお土産はバッチリでしょう。

 

しかし、個人的にですが、お菓子を買いたい場合、一度は本店に行くようにしています。

せっかく海外へ行くのなら、本店でいろんな種類のお菓子を眺めましょう。

 

お茶でも飲みながら、店員さんとゆっくり会話をするのもありです。

お茶は空港で買うよりも、直接茶園へ行くのがおすすめです。

(十分な旅行日程がないと難しいですが)

 

台東の鹿野台地周辺は、蜜香紅茶の産地です。

民宿を兼ねた茶園がいくつもあります。

 

距離はありますが、きっといつもと違った旅行ができると思います。

 

まとめ

8月に旅行にイキタイナーと思っています。

夏の台湾はとっても素敵です。(暑いですが)

 

そういえば、南部にチョコレートが有名なお店があるそうです。

まだリサーチ不足で、台湾産のカカオがどうかはわかりませんが。

 

8月にチョコを持って帰るのは難しいですが、

お店をリサーチして訪問したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です