台湾 台南グルメ観光 再発號。南部の茹で粽。ずっしり特製粽に魅了される。

台南の投稿は初!

 

一般的に台湾南部の粽は茹で粽てと言われています。

以前、嘉義で食べたときも茹でる粽でした。

 

茹でられている場合、

米の食感が蒸し粽と全く違います。

 

モチモチ感が強い感じで独特です。

 

今回は、台南の粽の超がつくほどの名店です。

お店の名前は「再発號」

多くのガイド本に載っています。

 

↓ 外観です。

 

 

 

 

再発號 基本情報

↓ 地図です

有名な地元の手作り菓子。「新裕珍餅舗」の真向かえ。

 

 

 

メニュー

メニューです。

粽のお店なので、150元の一番高いやつをいただきましょう!

 

って、150元!

台湾の物価では、超が付くほどの高級品です!

 

 

 

 

いつも一番高い特製150元をオーダー。

ちょっとこじんまりとしたお店では、

30元から50元で食事ができるますが。。。。

 

 

150元の特製粽はかなりどっしり。

結構な大きさですよ。

 

水分を含んだもち米が、一気に腹にやってきます。

 

 

 

大き目のしいたけ、鶏肉、栗?とかいろいろな具材がトッピング。

重厚感があり、150元という値段は納得できます。

 

米の味付けが絶妙で、鶏飯のような醤油のちょうど良さ。

加えで米はもっちりだから、かなりのごちそうです。

 

 

 

しいたけや栗?魚介?かな?忘れましたが、具だくさん。

なにより米がうまい。

 

ドロっとではなく、さらっとしたタレと合います。

とにかく、もっちりした米にいろんなだしが効いてます。

 

ここまで奥が深い味わいの粽はなかなかありません。

日本では、まずないですね。やはり、粽は南部の茹で粽です。

 

インストアで食べるので苦手なら、テイクするのいいです。

しかし、インストアであったかいのがおすすめです。

 

席は少ないですが、人がいても臆せず隣に座りましょう。

嫌な顔されません。

まとめ

台南に訪問した時は、必ず行く店です。

 

ふらっと一人で気兼ねなく入れますし、

席が埋まっていても、人の隣に座れます。

 

贅沢したいなら、

特製粽+普通粽+炒め物+スープ+紅茶です。

台湾 台南グルメ観光 再発號。南部の茹で粽。ずっしり特製粽に魅了される。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です