台湾 台南グルメ観光 再発號。南部の茹で粽。ずっしり特製粽に魅了される。

台南の投稿は初!

一般的に台湾南部の粽は
茹でて作ると言われています。

以前、嘉義で食べたときも
茹でる粽でした。

茹でられている場合、
米の食感が蒸し粽と全く違います。

モチモチ感が強いです。

今回は、台南の粽の超がつくほどの名店です。
お店の名前は、「再発號」です。

こちらも多くのガイド本に載っています。

↓ 名刺です。

再発號 基本情報

↓ 地図です

有名な地元の手作り菓子。
「新裕珍餅舗」の真向かえです。

 

 

お店の外観です。
年期が入っています。

ボーっとあるいていると、通り過ぎます。

メニュー

メニューです。

再発號 メニュー

いつも一番高い特製150元をオーダーします。

30元から50元で食事ができる台湾では、
かなりの高級品です。

特製粽です。
どっしりです。

再発號 粽2

これ1つでお腹いっぱいです。
米はもっちりです。

再発號 粽1

しいたけや栗?魚介?かな?
忘れましたが、具だくさんです。

なにより米がうまい。

ドロっとではなく、
さらっとしたタレと合います。

とにかく、もっちりした米に
いろんなだしが効いてます。

ここまで奥が深い味わいの粽は
なかなかありません。

日本では、まずないですね。
やはり、粽は南部の茹で粽です。

インストアで食べるので苦手なら、
テイクするのいいです。

しかし、インストアであったかいのがおすすめです。

席は少ないですが、
人がいても臆せず隣に座りましょう。

嫌な顔されません。

スープもオーダーしました。

再発號 すり身スープ

うっすら塩ベース。

シンプルですが、ダシが効いた深い味わいです。

まとめ

台南に訪問した時は、必ず行く店です。

ふらっと一人で気兼ねなく入れますし、席が埋まっていても、
人の隣に座れます。

贅沢したいなら、

特製粽+普通粽+炒め物+スープ+紅茶です。

◆◆◆今まで旅行した各地をアップしています◆◆◆

◆◆◆ぜひこちらへ◆◆◆→ 台湾Gallery → 台湾

 

 

台湾 台南グルメ観光 再発號。南部の茹で粽。ずっしり特製粽に魅了される。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です