台湾旅行記 台東 雨田家馬卡龍專賣店Amedaya Macaron。台湾マカロンがアートで美しい。

【2018年8月のお盆の旅行記16 8月13日訪問】

台東グルメの紹介です。

さてこの時10日から台湾に来ていましたが、関山でかなり疲れました。

連日歩いていましたので。

 

関山から台東に戻った後、ちょっとゆっくり休むため、

1人で以前伺ったマカロンのお店へ。

 

マカロン専門店の「雨田家馬卡龍專賣店Amedaya Macaron。」

以前の記事にもあります。

ホテルでは退屈ですし、街中ではゆっくりできません。

こういう時におすすめな店です。(ちょっと歩きますがね)

 

 

雨田家馬卡龍專賣店Amedaya Macaron 基本情報

↓ 地図です。

台東市内の方角が頭に入り、慣れればそれほど遠くに感じません。

しかし、初めて訪問する際には、やや歩くと感じます。

 

お店の外観です。

一般住宅街なので、見落としてしまわぬようにしましょう。

 

 

看板が目印です。

 

 

オーダーなど

今回は店内でいただきます。

ケースにマカロンがあります。

 

 

ケースを見ると、すでに売れてしまっているものがありました。

マンゴーや季節限定系は人気のようです。

6個、10個のセットもあります。

ケースをみていると、かなり迷います。

美しいから。

そういった時は紅烏龍を必ずチョイスし、

あとは適当に選びましょう。

 

 

店内で食べると、紅烏龍がセルフで飲み放題です。

しかもその紅烏龍は、僕が鹿野で行こうと思ったお店の

紅烏龍でした。

飲めてよかったです。

 

店内は静かで落ち着きます。

本が沢山あり、自由に読めます。

オーダーです。

贅沢に4つ。

アールグレイ(右)、紅烏龍(左)、チョコ(下)、もう1つ(上)はなんだっけ?

 

 

アールグレイは口一杯に香りが広がります。

甘いですが、その香りで甘さが中和されます。

 

紅烏龍は必須です。

ここでしかないですからね。

チョコはぐさりと刺さる甘さかと思いきや、

チョコのビター感を味わえる大人の甘さです。

 

とにかく美しいです。

 

5月に初めて伺うまで、

自分でマカロンを買ったことがありませんでした。

普段も全く食べません。

 

でもこんなきれいでアートなものを見てしまうと、

手に取らずにはいられません。

 

特に、台湾フルーツのマカロンや、

紅烏龍のマカロンは日本ではまず食べれません。

 

1つ1つ店主が心を込めて作っているのが、

よくわかります。

本当にいいお店です。

 

パートナーのお土産に、レモン、キャラメルのマカロンを

テイクアウトしました。

ああ、6個セットや10個セット買えばよかったかなあ。

その他

店主とお話ししました。

5月に僕が伺った事を覚えていました。

日本に数回来たことがあるようです。

どこの住んでるか聞かれたため、静岡といいましたが、

分からなかったようです。

 

しかし、「富士山」と「静岡」という文字を書いたら、

すぐにわかってくれました。

 

「富士山」は知っており、「静岡」は抹茶で知っているようです。

しかし、抹茶はどちらかというと、京都や宇治がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です