台湾 花蓮観光グルメ名店。牛東家見麺館。店主のこだわりとセンスに脱帽。

【2018年8月のお盆の旅行記19 8月14日訪問】

花蓮のグルメの紹介です。

朝、台東からプユマ号の乗り、花蓮へ移動。

花蓮に到着後、まず吉安へ向かいました。

そこでお腹が空きすぎて、足がガクガク。

飲食店を調べていなかったため、

適当に入りました。

そこでまた新たな発見が!

お店の名前は「牛東家見麺館」です。

かなり店主のこわだりが感じられるお店です。

↓ 名刺です。使っている紙も立派です。

牛東家見麺館 名刺

牛東家見麺館 名刺

牛東家見麺館 基本情報

住所は花蓮吉安鄉吉安路二段52號。

↓ 地図です。

「吉農氷城」からすぐそばです。

観光客が通る通りではないため、

ローカル感たっぷりです。

日本語や英語は通じません。

↓ 店内です。

非常にきれいです。

歴史があるお店かどうかわかりませんが、センスがいいです。

牛東家見麺館 店内

机、テーブルもきれいです。

14時前だったので、お客さんは3名くらいでした。

 

牛東家見麺館 店内

メニュー オーダー

↓メニューです。

紙に書いてレジへ持っていき、会計します。

湯麺は100元を超えるので、なかなかのお値段です。

乾麺もそこそこです。

比較的高めのお店かもしれません。

しかし、そんな失礼な先入観がぶち壊れました。

牛東家見麺館 メニュー

壁に乾麺の様子が描かれています。

ちょっと見難いですね。

これを見てこういった乾麺は、見たことがありませんでした。

創作乾麺なのでしょうか?

なんかとっても気になる。

一番左のトマトの乾麺に惹かれてしまい、

オーダー!

牛東家見麺館 店内

 

↓ メニューの乾麺の上から5つ目です。

トマトソースベースの乾麺です。

70元です。

でかいです!

量が多いです!

そして麺がおいしい。

今回、台東でも乾麺を沢山食べましたが、

こちらの乾麺は麺に特徴がありました。

店で麺を作ってるのかな?

と感じるくらい生麺に近いようなモチモチ感でした。

乾麺では非常に珍しく感じました。

よく生パスタ(モチモチ)ってありますが、

それに近い感じです。

そしてその麺には勿論、トマト系のソースが旨い。

酸味が強すぎず、それでいて中華感は残っています。

たまたま入ったお店で、こういったものがあるとは。

晴天の霹靂でした。

自分の中では非常に新しく感じました。

麺といい、ソースといい、脱帽でした。

70元以上をとるべきです。

牛東家見麺館 トマト麺

↓ トマトのニューロー麺です。

パートナーがオーダー。

160元です。

 

牛東家見麺館 牛肉麺

スープがびっくりするくらいおいしいです。

そして麺がまたモチモチ。

この麺は店内の打っているのか?

伝統的なニューロー麺のお店でありながら、

それにとらわれない独創的な料理です。

これは見習わなくてはなりません。

こんなニューロー麺初めて。

ここまで食べて、店主のセンスの良さを感じます。

現地のガイド本にも載っていません。

↓そして、お野菜です。40元。

牛東家見麺館 青菜

店主ってどんな人?

って思わせる、美しい盛りつけ。

野菜もシャキっとしていて、うまい。

スープです。

 

牛東家見麺館 スープ

間違いがない、塩ベースの優しい味です。

やはり台湾料理には、スープが必須です。

実物は、スープの色がきれいでねー。

どんなハンサムはイケメンが作っているんだろう?

どれをとっても見事な味です。

吉安でこんな素晴らしいお店に出会えるなんて!

まとめ

お店の外観は、よくある台湾の飲食店です。

しかし、内装はセンスがいいです。

料理も美しいです。

伝統料理もありながら、それに独創性を加えられ。

盛り付けもきれい。

麺もおいしい。

スープ、ソースとの調和もいい。

元々現地のガイド本に載っていた、他のお店に行く予定でしたが、

雨の為、近くのこちらのお店にしましたが、

大正解です。

店主のこだわりが感じられるお店です。

吉安では本当はもっと行きたい所があったのですが、

雨が強くなり、予定変更してそれらは断念。

また吉安へは行くつもりなので、

またこちらのお店に行きたいと思います。

◆◆◆今まで旅行した各地をアップしています◆◆◆

◆◆◆ぜひこちらへ◆◆◆→ 台湾Gallery 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です