朝食必要の可否。朝食は人それぞれでいい。朝食は好きな物を食べる。

ここ数年朝食を食べてましたが、最近メニューを変えました。

前日の夜、ジムで泳いだ後は、やはり朝お腹が空いています。

 

しかし、朝食後、不調な時があるのです。

 

朝食は体にいい、太りにくい、体温を上げるために必要と言われています。

実際にどうなのかはわかりません。

専門家の方は、いろいろな意見があるようです。

朝食って、本当に必要なんでしょうか?

朝食は果物

朝食が必要かわからない

朝食は体の体温を上げ、血糖値を高め、脳にエネルギーを送る為、

必要だと言われています。

適正な判断をする場合、脳にエネルギーがないと判断するためのエサがありません。

朝はブドウ糖が必要なんですね。

一方で、脳の活性化には、お腹が空いているくらいがいいという意見も。

 

食事の量の比率は、昼 > 朝 > 夜 と言われてますね。

そんなん、普通に働いていたら、夜を一番少なくなんて、無理だろと思いますが。。

 

3食が必要だった時代は昔の話で、エネルギー消費が少ない現代は、

2食で十分だという意見も。

 

こうなっては、もうなんだかわかりません。

おそらく、人それぞれなんだと思います。

朝食後、体調不良

5年程前、体調を崩してからは、朝食をとるようになりました。

毎朝、白米若しくはパン、ヨーグルト、卵を食べています。

しかし食べた後、体が重たいのです。

 

多くの場合、朝はまだ胃や腸が目覚めていない。

よって、腸の消化不良により、お腹が重たいという感覚に至るようです。

朝食のマフィン

 

朝早く起床し、適度な運動をし、胃や腸を目覚めさせてから朝食をとる。

最も模範的な事ですが、現代のサラリーマンにとっては、

毎朝の時間的には非常に大変だと感じます。

 

何だか朝食が義務的になっていくと、本来楽しいはずの食事が、

テンション下がる儀式になってしまいます。

朝食は好きな物をとる

そこで朝食は、大好きな果物、ヨーグルトという、

腸の負担が軽く、糖も摂取でき、手軽に食べれるものに変えました。

 

ヨーグルトでタンパク質、バナナやキウイ、柑橘系果物では

糖や繊維、ビタミンを補えます。

果物切盛

 

昼や夜に大好きなマフィンなど食べるなら、朝食に取り入れました。

量やバランスが重要なんだと思います。

そして、堅苦しくならず、枠にハマらず、

自由でいいのだと思います。

 

よくよく考えてみると、好きなものを食べている人って、

長生きですよね?

好きな物を美味しく食べるという事が、

一番大切なのかもしれません。

まとめ

朝食は大切と言われてますが、朝食をとるかどうか、

また何を食べるかは人それぞれなんでしょう。

 

せっかく一日の始まり、気が重たい会社へ向かう前なのだから、

朝食くらいはテンションが上がるものを取り入れたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です