今の時代に生まれたのだから、自由に生きたい。鳳林で思う。

年末年始の台湾湾旅行最終日。

今日は帰るのみで、松山空港で日月潭紅茶を。

今回は、ハイシーズンに行く最後の旅行です。

今後、仕事を辞めたら、お盆、GW,年末年始をずらして旅行します。

 

さて今回の旅行で感じた事を2つ書きます。

旅行の訪問先は、また後日、少しずつアップします。

花蓮の朝

独立しちゃおっかな?と思った場所

一昨日の3日には、昨年同様に花蓮の鳳林へ行きました。

昨年、昔の日本移民村を歩いていると風が非常に気持ちよく、その時に何故か、

「そうだ、独立しよう」と思いました。

 

僕はずっとこの仕事をする事、まして独立は考えていなかったのに。

そんなことで。

(↓本当はもっと美しい畑一面です。)

鳳林の畑

 

僕が行った事がある日本の移民村は、鳳林、花蓮、鹿野、豊田だけです。

あまり深い事は思いませんが、一番に感じることは、

今の時代に生きていて良かったということです。

 

たまたま今の時代に生まれた僕は、当時の時代の困難さを知ることはないのでしょう。

様々な制約、意図しない統制、見えない危険や死があったはずです。

自分の意思ではどうにもならない戦火も。

 

当時と比べると、きっと今は自由で平和、豊かな時代なのだと思います。

せっかく今の時代に生まれたのだから、自由を大切にしたい。

毎日、目をつぶる事や口を閉ざす事があるのであれば、

いつもいつも、負の感情に苛まれるのであれば、

いっその事、今を飛び出してしまおうと、感じたのかもしれません。

英語が聞き取れなくなった

独立しようと思ってから、いくつか日常でやることがありました。

なので、昨年は英語の学習をほとんどしていません。

使わないと、脳みそってホント、退化していくんですね。

 

店員さんとのやり取りで、全く聞き取れません。

発する事はできても、聞き取れないため反応ができませんでした。

 

旅行の楽しみの1つとして、コミュニケーションをとる事がありますが、

今回はそれは達成できませんでした。

やっぱり英語が聞き取れると、諸外国の人と話せで楽しいですよね。

 

特にINNなど民宿では、コミュニケーションスペースがあり、

気軽に会話ができます。

日本とは違う感覚を感じるまたとないチャンスです。

(西洋の人って、ホント、いい匂いします。)

cat of happiness

 

僕はまだバックパッカー的な旅行の経験はありません。

今後は、ハイシーズンを外して、ゆっくり時間をかけて旅行をしたいと思います。

 

安いゲストハウス、以前のようにAirbnbを利用して宿泊し、

サラリーマンの休暇ではなかなか行けない所へ行こうと思います。

 

仕事しろよって思いますがね。。

まとめ

今回の旅行で、羽田空港を使うのは最後です。

空港は入国が初めての人にとっては、

飛行機を降りてから入国手続きまでの間に目にするものが、

その国を初めて目にする光景です。

 

羽田空港って、そういった意味では少し残念です。

日本を象徴するディスプレイがありません。

 

オリンピックの頃には少しは変わるのかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です