台湾 花蓮観光グルメ名店 若者に人気のチョコの名店「Choco choco 手工巧克力」。台湾らしい夜の雰囲気が味わえる素敵なチョコカフェ。

GWも近い為、花蓮の大好きな雰囲気のいいカフェの紹介です。

こちらのお店は若い方に人気のようです。

お店の名前はチョコレート専門店「Choco choco 手工巧克力」です。

 

訪問日は2019.01.03で、この時は3回目1年ぶりくらいでした。

以前も記事に書きましたが、過去2回は昼間の休憩がてらに訪問。

今回は夕食後、まったりしたくなり夜に行きました。

 

花蓮と言えば非常に多くの古民家カフェがあり、台北よりもずっといい雰囲気。

人も多く無い為、ゆっくりまったりできます。

 

外観です。

オレンジ色の灯りがいい雰囲気です。

建物は古いですが、リノベーションされています。

外観

外観

Choco choco 手工巧克力 基本情報

住所は花蓮市忠孝街970號。

↓地図です。

 

周辺には4件ほどレベルが高く、居心地のよいカフェがあります。

まずはchochoに行きましょう。

 

古い外観ですが、入り口は中華系を感じます。

ドアを開けるとチョコの香りが漂います。

入り口

店内の様子

この日は夜だった為、数名しかお客さんはいませんでした。

店員さんが、「2Fが自慢です。」とレコメンドと言ったため、素直に2Fへ。

 

そしたらとっても素敵。

外観は古いですが、中はしっかり改装されています。

古民家カフェって古いだけでなく、外観と内装のそのモダンさのギャップもまた面白いところです。

映像がオシャレ。

 

広々していて開放的。

これはゆっくりおしゃべりしたいですね。

 

建物付属設備もイチイチオシャレですよね。

こういう所に店主の感性の差って出ますよね。

ユニークで素晴らしいです。

 

 

窓から見えるオレンジ色の景色が何とも。

ネオンだらけよりも、オレンジの懐かしい光って穏やかになります。

 

向かえにもゆっくりできるカフェがあります。

 

 

板チョコがオシャレです。

塩がちりばめられたチョコもあり、高級なハイカカオです。

思わず4種類買ってしまいました。

 

蜜花紅茶や紅烏龍と相性がいいチョコです。

 

 

オーダー

メニューです。

花蓮の中ではちょっと高めです。

チョコレートですからね、でも台北よりはずっとお手頃です。

静かでゆっくりできるし。

 

チョコのメニューは豊富です。

店員さんのお薦めは、東部名産のローゼル!

台湾の食材が使用されており、どれも捨てがたいです。

こういう時、ホワイトチョコを選んでしまいます。

 

 

ドリンクメニューです。

コーヒーやフルーツ系もありますが、ここはやっぱしホットチョコでしょ。

 

 

 

ホットチョコにチョコレート4種です。

花蓮最後の夜だった為、ここは贅沢します。

木のテーブルもオシャレです。

チョコを口に含んだら、交互に水を飲みましょう。

 

 

温かくて甘いです。

冬に飲むのも勿論ですが、夏場の暑い日に甘いドリンクを飲むのも美味しいです。

 

 

ホットチョコにチョコレート。

可愛くていいよね。

チョコは甘さは控えめです。

甘酸っぱいローゼルがアウセントになり、甘さを中和します。

ホワイトのうち、左がローゼル。右がスパイス系のチョコ。

チョコ+香辛料もいい感じです。

香辛料がチョコの触媒となっており、甘さが深い味わいになります。

 

 

まとめ

Choco choco 手工巧克力は、現地のガイド本にも記載がされていました。

昼間は若者が多く、みんな楽しそうでした。

意外だったのが、チョコレートをバイクでテイクアウトする人が多い事です。

 

ここら周辺はカフェが多く、そして夜はオレンジ色の灯りがともり静かです。

僕はこの物静かでオレンジ色の暖かい夜の灯りは、

とても台湾らしい雰囲気だと思っています。

エネルギッシュな夜市よりも、静寂の方が台湾らしさを感じます。

 

周辺もカフェもいい雰囲気のお店なので、花蓮の夜にはお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です