滋賀県草津市のcurry shop エフェクト。ランチにぴったり上品なビーフカレー。

カレーと言えば日本の国民食。

もはやカレー無しには日本食は語れない。

滋賀県へ引っ越して以来、カレーのお店からは随分遠ざかっていました。

 

このままカレーも食べれずに死んでいくのかと思いきや、

先日期待せずに入った近所のカレーの店が美味しくて!

お店の名前は「curry shop エフェクト」。

 

ええ、そうですよ。

へなちょこの僕よりずっと立派な税理士事務所の約向かえですよ。

↓外観です。

 

 

curry shop エフェクト 基本情報

住所は滋賀県草津市野村1丁目26。

↓地図です。

 

ほっかほっか亭と美容院が入っているビルのテナントです。

入り口には耐用年数3年の看板が立っています。

 

オーダー

店内に入った瞬間では、どういたコンセプトのカレーなのか、

イマイチよくわからない部分がありました。

 

今まで静岡や京都でブログにアップしたカレーのお店は、

わかりやすくこれ!っといったインパクとがあったので、少し不安でした。

 

オーダーは食券制です。

後述しますが、オーダーするなら絶対に一番下段の900円 エフェクトカレーです。

ご飯は量を選べます。

またトッピングも3種類自由に選べます。

 

ここはカレーの味をじっくり味わうのが鉄則です。

カレーの味を確認するのに適したトッピングというと、

トマト(酸味)、ピーマン(甘み)、オクラ(質感)です。

 

 

とてもさっぱりしたキレイなカレーです。

しかし、その匂いですぐに気づきました。

他のカレーはわかりませんが、こちらのエフェクトカレーは、ベースがビーフです。

 

大抵の場合、飾り気がないさっぱりしたカレーって、かなりの期待が持てます。

カレーって、どんな装飾も自由自在ですが、敢えてシンプルな所が気になります。

 

 

ルーはきれいなブラウン。

ピリッとひた辛さがあるビーフです。

洋食屋さんのメニューである、ややワインの風味があるビーフではなく、

シンプルな王道のザ・ビーフカレーです。

 

個人的に、僕はカレーを食べる時は具が食べたい派だったのですが、

ここ数年でその思いはすっかり変わりました。

 

カレーは具材を楽しむものではなく、カレールーそのものを楽しむものですね。

だからこそ、シンプルにすればするほど味の本質がつかめます。

 

こちらのビーフカレーは余計な装飾は施されておらず、

コクのあるビーフを味わうことが出来ます。

 

これは文句ないカレーです。

 

 

中辛を選択しましたが、辛さがビーフの旨みを更に強めるような気がします。

ビーフカレーは、苦みがある場合と甘みがある場合とに分かれると感じますが、

こちらのお店はその中間であり、バランスのいい酸味も感じられます。

 

よって、深いコクがある非常に上品なビーフカレーです。

 

酸味のあるトマトでも、苦みがあるピーマンでも、粘りがあるオクラでも、

ビーフカレーの上品な旨みが崩れません。

 

これは美味しい。上品でコクがある。

ランチにはぴったり。

近所ならもっと早く来ればよかった。

 

やっぱりシンプルなカレーを提供されるお店には、ハズレがありません。

ここでは絶対にエフェクトカレーをオーダーすべきです。

まとめ

前述の通り、カレーは非常に美味しい。

もっと前面に押し出してもいいくらい、美味しいカレーです。

余計な飾りがない、ホテルででてくるような上品なカレーです。

 

ぜひカツカレーなどにせず、カレーそのものを味わうことをお薦めします。

 

最新の税務記事

2019.06.21 個人事業主が家族に給与を支払う時の注意点。青色事業専従者の条件を毎年確認しておこう。

事務所HPはこちら

今日の言葉

richness:味のコク、旨み

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です