屏東観光グルメ恒春福記蒸餃。恒春で腹を満たすならふっくら餃子の恒春福記蒸餃がオススメ。

台湾南部の屏東県恒春といえば、南部特有ののんびりとした雰囲気が魅力です。

台南や高雄よりもま町は小さいですが、、街全体的にのんびりした空気が感じられます。

 

さて恒春は多くのグルメが軒を連ねますが、そんな時は点心が食べたくなります。

恒春の大通りを歩いていると、いい匂いがするお店が。。。

 

値段に引かれてまだ16時半でしたが、サクッと入店。

お店の名前は「恒春福記蒸餃」です。

↓外観です。

 

恒春福記蒸餃 基本情報

住所は屏東県恆春鎮中正路121號。

↓地図です。

 

周囲には肉まんのお店や、鴨肉のお店、牛肉麺のお店等が並びます。

 

店内は、銀の机とプラスチックのイスが無造作に並んだ、台湾らしい食堂です。

16時半だったため、お客さんは僕を含め3名。

テイクウトの方が、パタパタ買いに来ていました。

 

 

で、メニュー表がありません。

紙に書いて店員さんに渡すかと思いきや、店内に鉛筆と紙がない!

 

ええ、だから店頭で指さしてオーダーです。

 

こういう時、空いている時は何のためらいもありませんが、

混み合っていたら「ああ、システムわからずすみません」って感じになります。

オーダー

僕が指さしてオーダーしたのは、肉羹麺と蒸餃です。

ちょっとサイズや量がどの程度が不安でしたが、2つオーダーしました。

 

そして早々と、蒸籠に入った餃子がやってきます。

これは!旨そう!

 

 

8個か!写真ではわかりませんが、中に餡がぷっくら入っていて、

それなりの大きさがあります。

 

 

 

もくもく湯気が上がる餃子からは、肉とニラのいい匂いが漂います。

餃子の皮は薄すぎず、厚すぎず、適度なもっちり感があります。

 

蒸し餃子をいただくとき、しばしば皮の厚さが気になります。

皮が厚いタイプだと、中の餡の味がよくわからなくなる事が多いのです。

しかもお腹にたまるし。

 

ええ、もちらの餃子は適度なバランスです。

餡も美味しい。

ニラ+肉といった、ごくごく一般的な餃子のように感じますが、

実はそれが一番小細工が効かず、難しかったりします。

 

タレなんざ不要です。

餃子の本来の味だけで充分美味しい。

 

薬味が効いた肉の味がおいしゅうございました。

これはビールに合います。

 

そして肉羹麺です。

伝統的な肉羹麺。お肉のつみれと野菜、麺とトロミのそしてスープです。

 

 

スープはかなりトロミがあります。

スパイスがかなり効いており、全体的に香辛料の味わいが強い。

 

麺は中太麺であり、あんかけには程よい太さです。

肉の塊、タケノコ、もやし等が入った、伝統的な台湾の肉羹麺です。

 

肉羹は適度な大きさのため、くどい感じがせずとても食べやすい。

スープは肉羹から放出された肉のだしが含まれており、スパイスと合わさるととっても濃厚な中華スープに。

 

 

スープだけでも楽しめますが、そこに麺が合わさるとやはり最高です。

 

肉羹麺も餃子も60元で、合計120元で最高のディナーが楽しめました。

まとめ

恒春福記蒸餃は夜17時半くらいには、びっくりするくらい混み合ってました。

確かに価格もお手頃だし、何よりシンプルで美味しい。

 

お酒が好きな人であれば、餃子と小籠包があれば、長時間滞在しそうです。

小籠包、餃子、肉羹麺、肉羹飯など全てオーダーして、複数でシェアするのもいいですね。

 

4つオーダーしても240元ですから。

恒春観光なら、恒春福記蒸餃がおススメです。

最新の税務記事

2019.10.16 フリーランスの事業主貸、事業主借の便利な使い方。現金出納簿を使用せず事業主勘定をフル活用。

今日の言葉

have things to take care: 用事がある

wǒ yào qù zhèlǐ:我要去这里:私はここへ行きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です