屏東観光グルメ林家素食菜粽。穀物どっさり、滋養強壮に効くの南部特有の茹で粽!

屏東と言えば、台湾で最も南部の県です。

南部特有の台湾料理と言えば、茹でた粽が思い浮かびます。

 

一般的な蒸した粽と違い、茹でた粽って、独特のふっくらした食感が好きです。

さて屏東市内でせっかく粽を食べるなら、滋養強壮に効く「林家素食菜粽」

 

決して派手で煌びやかな粽ではないけれど、

度で疲れた体力を回復させるなら、「林家素食菜粽」の粽がぴったり。

 

↓外観です。

 

林家素食菜粽 基本情報

住所は屏東縣屏東市信義路54號。

屏東駅から中山路を真っすぐ北に向かって10分程度。

割とゴミゴミしていて、夜は様々な飲食店が賑わいを見せます。

 

↓地図です。

 

周辺には、美味しい豆花の店もあり、麺や炒飯の店もあり。

日本のガイド本にはならない美味しい店も沢山。

 

ザ・ガイド本に投稿される前に、投稿してやりましょう。

 

店内は台湾の一般的な食堂です。

 

 

無造作な椅子や、テープルにポツンと置かれた台湾の醤油。

こういう風景は、何となく気が楽になります。

 

綺麗に美しく、きちっとしたお店よりも、

少しダラっとしたい店の方が、僕はリラックスして食事ができます。

メニューとオーダー

メニューです。

店先の看板を指さすか、メモするかで店員に伝えましょう。

 

 

とってもフレンドリーな店主の女性は、親切にスープを注いでくれます。

また、普通の25元の粽と、五穀粽40元の違いを、

聞き取れるわけがない、流暢な中国語で一生懸命説明してくれます。

 

ここは当然ですが、五穀粽40元をオーダー。

ぜんぜん説明はわかりませんでしたが、一生懸命伝えようとしてくれるって、

この上ないおもてなしだと感じます。

 

こういう相手を思う精神って、心温まります。

そして粽がやってきました。

 

おお!見事な台湾粽のフォルム。

ピーナッツ粉とタレの姿が美しい。

 

 

五穀粽というくらいなので、多分もち米は五穀米です。

お米は黒米などが使用されており、普通の粽と違い、

ホンワカ体にいい匂いがします。

 

鶏肉や豚、栗やアワビなど、派手な具材の粽とは異なり、

穀物を中心としたシンプルな具材。

 

そして茹でた粽の為、モチ米がずっりし重たく感じます。

決して水でペチャペチャではありません。

 

 

この茹でた粽特有の重さがいいんですよね。

ふっくらしていて重たいって、お腹が空いている時にはぴったり。

 

お肉が入っていないため、物足りないかなと思いましたが、

体の毒素は排出し、エネルギー源となったり、体力回復に役立つ穀物中心のため、

1つ食べれば腹に溜まります。

 

かなりゴロゴロと穀物が入っていました。

1つ1つの名前はわかりませんが、何だか風邪をひいたり、体力が弱っているときには、

とっても体に効きそう。

 

 

タレはやや甘口ですが、粽自体に余分な味付けがない為、

粽本来の美味しさを邪魔しません。

お決まりのピーナッツ粉で、味の調整は十分です。

 

1つ40元という値段で、滋養強壮に良い粽を食べるなら、

「林家素食菜粽」がおススメです。

まとめ

「林家素食菜粽」は、伝統的な南部の茹でた粽です。

五穀粽は体に良さそうトッピングであり、穀物本来の美味しさが際立ちます。

 

また、重量があるため、体が疲れていたり、体力が落ちて疲れているときには、

とってもエネルギー補給になります。

 

滋養強壮によい粽なら、「林家素食菜粽」がおススメです。

最新の税務記事

2019.10.29 コンビニで即時充当されるキャッシュレス還元額の会計処理

今日の言葉

Don’t force yourself: 無理しないで

粽:ちまき ピンインは zòng

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です