ザ・企業戦士の嫁の姿

来週は、所用により、高雄まで行ってきます。

そしてついでに、屏東へも行ってきます。

今回は、たかだか6日間ですが、やっぱりワクワクするものです。

 

そして今回も、嫁は一緒に行ってくれません。

休みは旅行に行きたい?どこへ行きたい?

オレ運転するよ!(←今まで運転してもらってた。)

 

と提案したのですが、OKしてくれません。

会社員だから、休みは家でゆっくりしたい、という答えが返ってきました。

 

ここの所、何とも大企業のネジの一部であるかのような、

非エンターテイメント的な解答が返ってきます。

 

ザ・企業戦士の嫁

僕は会社を辞めて7カ月経過し、サラリーマンの時の思いは、かなり薄れつつあります。

 

確実に夜更かしをしていますし、朝も7時に起きるようになりました。

 

朝食を作る時間や、夕食を作る時間も増え、

いわゆる家事をする時間が、毎日確保できています。

 

しかし、会社員であれば、まずそんな時間の使い方ができません。

嫁はずっと会社員をしていますが、一緒に暮らしてみると、びっくりするくらい、

ザ・企業戦士的な働き方をしています。

 

・朝早く仕事に行ったり

・毎日10時過ぎに帰ってきたり

 

・土日時々仕事に行ったり

・管理職になってから、有給使わなくなったし

 

・家でも外でも旅行でも、常にモバイルPC持ってるし

・家でも仕事するし

 

・会社から電話かかってくし

・甘えるとイライラされるし

 

ええ、僕と違って、ちょービジネスマンでした。

 

その姿こそ、日本を支えているビジネスマンさながらですが、

それと引き換えに、見失っているものもあるのかもしれません。

ゆったり仕事や食事ができたらいいのに

バリバリガツガツ働いていると、

当然ですが、それなりの給与が入ってきます。

 

ええ、一家の大黒柱であり、それに支えられている僕は、

文句を言える立場ではありませんが、そういう働き方も、どんなものかなと感じます。

 

給与=投下労働時間は比例する傾向にありますが、

それと共に、失うものもあるのかもしれません。

 

これだけ情報化や自動化が発達したのにも関わらず、

はたから見ていると、一向に労働時間が減る様子がありません。

ええ、何か、会計事務所の2月、3月と同じです。

 

朝はゆっくりバランスが取れた朝食をとり、

夜は胃に優しい夕食を家族で囲んで。

 

本当は、そんな光景が理想的であり、望まれる姿なのですが、

現状の会社員の生活では、まだまだそれがままなりません。

 

経済効果も働き方も、通常は大企業から波及していきます。

ええ、上が変わらないと、末端は絶対に変わりません。

 

会社員であっても、個人事業主であっても、

毎日ゆったりと、仕事も食事、家庭の会話もできればなあと思います。

まとめ

最近は、帰りが遅く、朝が早い嫁の為に、

根菜系のスープ作りに精を出しています。

 

重たいものを、朝や夜遅くに食べると、スタイル崩れますからね。

お肌もハリとつやがなくなるし。(僕はそういうのイヤ!)

 

そんな時は、カブとベーコン、レンコン、人参をトロトロ煮込んだ、コンソメスープがおススメです。

 

最新の税務記事

2019.11.14遺言書に異議がある場合の家族間の遺産分割協議

 

今日の言葉

overtime:残業

ドラゴンフルーツ:火龙果 ピンインはHuǒlóng guǒ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です