人に迷惑をかけて生きてもいいじゃない

屏東駅を歩いていると、若いカップル達が、肩を組んだり、

腰に手を回したりしている姿が目に映えます。

 

その他、美術館、博物館、歴史的な場所、

街中などの日常においても、ハートフルな姿がよく目に入ります。

 

ええ、異性同士、同性同士に関わらず、みんな楽しそう。

 

人の目にを気にしたり、不快にさせたらいけない、

迷惑をかけてはいけない。

 

日常、本当にそれが正しいことなのか?

旅行をする度に、改めて考え直すようにしています。

 

 

 

 

 

日本でも、思春期真っ盛りの頃はそんな盛りかもしれません。

ええ、僕も一時の感情に任せて、えい!やー!的なタイプだった為、

暗くて消極的なくせに、そんな事が好きだったのかもしれません。

 

でも、大人になると、そんな姿が恥ずかしく思うかもしれません。

 

人前でみっともない。

人を不快にさせることは悪いことだ。

人に迷惑をかけることは良くない。

 

子供の頃から、そういった注意されてきたのかもしれません。

 

しかし、そもそも自分が誕生した時点で、他人からしたら大迷惑です。

人に迷惑をかけずに生きていくことなんて、できるわけがありません。

 

僕も一応は、常識人だったので、人に迷惑をかけることは良くないと、

以前は考えていましたが、今はそうは思いません。

 

自分が意図しなくても、人には迷惑をかけます。

迷惑をかけまいと行動しても、誰かはそれを不快に感じ、

逆に迷惑かな?と感じても、実は誰も迷惑に感じていないことも。。。

 

そんなことをブツブツ考えて生きるんだったら、

もし自分が誰かに迷惑をかけられた時に、

最大限、助けになるように努力できる人間でありたいと感じます。

 

今日は、現地の友人に我ままを言い、九曲堂のパイン工場、

東港、そして福湾巧克力 FU WAN CHOCOLATEへ。

 

ええ、次回僕がわがままを言われたら、

最大限努力を惜しまないように、頑張ろうと思います。

 

最新の税務記事

2019.11.21民法における相続分の譲渡が行われた場合の課税関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です