オレにもあるぜ、税理士としての野望

昨日は滋賀県の青税に初めて参加。

ええ、このネガティブで大勢の集まりはとっても苦手な僕が。

人見知りで暗ーい性格の僕が。

 

参加した理由は、昨年秋からの心境の変化の一環です。

 

さてお話しをさせていただいた中で、

どうやら僕は、開業時特有の税理士としてやってやるぜ!感が、

ちょっと薄いようなお言葉をいただきました。

(ぜんぜん明るい笑い話です。)

 

そうなんですよね。

実は昨年秋以来、セミナー等で知り合った方からも、

そんな風に言われたことがあります。

 

まあ大根の面取りしながらブログ書いてるんで、

そりゃ仕方ないよね。

 

でもね、僕は人前でそれを醸さないだけです。

 

醸すのであれば、僕だけのメディアである、

このブログと事務所HPだけと決めています。

 

ありますよ。

オレにも税理士としての野望は。

 

 

僕の野望

僕の野望は、今のこのままのスタイルを崩さず、

食えるだけの(+旅行するだけ)の収入を確保する事です。

 

お仕事の依頼は、HPとブログから僕を選んでもらいます。

くそ仕事しにくいスーツは着ないで。

 

商品は決算とか申告ではなくて、

オレそのものっすよ。

 

朝は二度寝して、連続ドラマ小説みて、

深夜番組みて夜更かしをして、

 

年に数回、台湾各地を巡回しながら、

時には欧州を巡回しながら、

自分が知ることがない国の風景、文化、歴史を楽しみながら。

 

1冊原価324円の自費出版だってしちゃってさ。

(いま賢明に入庫用を作成中だよ)

 

洗濯、炊事、掃除などの家事をこなし、

日々、自由に旅行して移動しながら一人だけでお仕事をしていく。

 

僕にとっては、大きな野望でしょ。

選んでいただいたら真心込めて

でも自分と同じくらいの年齢の方の収入が耳に入ると、

主夫の僕だって、心が揺れます。

 

そしてその度に、もっと仕事を取っていくほうがいいものか?

心に動揺が走ってしまいます。

 

さてそんな時は、自分の指針となった先輩の言葉を思い出すようにしています。

 

僕が新卒で入庫した金融機関の、当時の女性の指導係は、

窓口テラーを担当していました。

 

銀行の窓口は、一日中窓口に座っているので、

営業活動はできません。(でもノルマはありました)

 

いずれ営業に配属される僕が、数日間、窓口をする事になった時、

こんなことを言われました。

 

「窓口係は営業に出れないから、数ある銀行の中から、

 私が座る窓口を、直接選んでもらうしかない。

 でも一度選んでいただいたのなら、私は真心込めて対応します。」

 

こんな事言われると、当時22歳の世間知らずな僕は、

ガッツリ好きになってしまいました。

 

その後の恋愛話は、ここではしません。

 

僕は新卒の時にいただいた、彼女のこの言葉が忘れられず、

15年経った今では、僕の仕事の指針になっています。

 

だから僕は、僕を僕のweb上から直接選んでもらう方法だけを、

仕事のスタイルにしました。

セミナーや懇親会はいいものだよね

昨年秋からポツリポツリですがセミナー等に参加して、

他者との集まりは、なかなかいいものだと感じます。

 

自分の立ち位置や、他者との違いを把握できる点です。

 

他者との違いや自分のこだわりは、

結果的に、仇となって跳ね返ってくることも。

 

とりわけネガティブで暗い性格の僕は、

セミナーや懇親会にでると、最下級である事を自覚して落ち込むことも。

 

そして大抵の場合、うまくいかない理由は、

強いこだわりがそうさせのですよね。。。。

 

実際に、セミナーや何かの懇親会に参加すると、

そんな思いばかりにかられます。

 

他人の姿って、とてつもなく高く見えますよね。

それでもやはり、真心込めて仕事したいですよね。

 

自分が最も、真心込めることができる方法で、

お仕事していきたいですよね。

 

毎回ネガティブな思いをしてしまうけど、

他者との関わり合いに参加する事は、

今の僕にとっては、非常に大切な事です。

 

そういえば、静岡から引っ越す前に、

滋賀県は廃業率が日本でトップだと聞きました。

 

その廃業率に貢献しないよう、

僕は野望を達成してやるよ。

まとめ

話は変わりますが、僕の野望の1つ、旅行記の作成は、

1冊の原価324円の見積でした。

 

えっ!意外に高い!

250円位で売ろうと思ったのに。。。

 

フルカラーで作成する予定です。

さくっと世に放つ予定です。

最新の税務記事

2020.01.16振替納税を利用する場合の預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書の書き方

 

今日の一言

not too often:めったにできない

オレにもあるぜ、税理士としての野望” に対して1件のコメントがあります。

  1. 開業予定 より:

    以前から拝見させてもらっています!
    私はようやく実務経験が2年1ヶ月経過したので速攻でやめて今は開業の準備中です(登録待ち)

    正直遠藤さんのような知識もないですし、実務経験も大したことやってないので税理士としては厳しいのですが
    バイトメインでたまに税理士、という生き方がしたいと思い開業に踏み切りました

    これからもブログ楽しみにしていますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です