台東観光グルメ走走池上。台東の米所のオシャレでイケテルブックカフェ走走池上。

2019.08に訪問した台東池上のお店です。

美しい田園を2時間程サイクリングした後、

すっかり足が疲れた僕は、有名で人気のオシャレなブックカフェに。

 

お店の名前は「走走池上」です。

現地のガイド本には必ずといっていい程記載されています。

 

この時は、朝から丸一日池上に時間を確保した為、

ようやく訪問することができました。

 

↓外観です。

 

 

 

 

走走池上 基本情報

住所は台東縣池上鄉中山路99號。

↓地図です。

 

 

池上のメインの通りですが、

歩いていると、すぐ見落とします。

 

 

お店の店内は、ちょっと薄暗く落ち着けます。

音楽もジャズがかかっておりゆったり。

 

日本で入るカフェは、パーソナルスペースが狭く、

落ち着けないお店も多いのですが、

台東や花蓮のカフェは、ゆったりスペースのお店が多いような。

 

 

 

 

本の種類も多種多様。

台湾のカフェでは、せっかくなのでいろんなジャンルの本を読みます。

とりわけ、料理本やお菓子の紹介の本はとっても楽しい。

 

 

 

 

新しい雑誌が並んでいます。

僕は下段の左2つの本、「好吃」と「10款行」を

見入ってしまいました。

 

偶然帰りの空港で販売されていたので、

両方購入してしまいました。

 

「10款行」は、台湾の島々を紹介した本です。

この時は2019.08でしたが、この本を購入した為、

2019年年末年始は、小琉球へ行ってきました。

 

 

 

 

こういうディスプレイも、イチイチ可愛いですよね。

 

 

 

 

カウンター席では、カップル達が仲良く食事。

学生の時に、こんなオシャレなカフェで恋愛できたら、

さぞ楽しいだろうな。。。

 

 

 

オーダー

メニューは撮影していません。

ここはカフェなので、ラテとティラミスをオーダー。

ゆっくり本を読みながら、オヤツを食べる事に。。。

 

 

カフェラテです。

完璧なカフェラテでした。

 

ブルーの器とラテのブラウンのコントラストが美しい。

雰囲気って大切ですよね。

 

 

 

いかにも手作りです!という感じがあるティラミスです。

お皿にごそっと盛られていました。

 

ココアパウダーがほろ苦く、トッピングのはちみつで甘さを調整します。

ティラミスの苦みを抱えたまま、

ラテで喉を潤すのは最高です。

 

 

 

まとめ

池上は台東の有名な米どころです。

田舎ですが広大な田園のサイクリングは

日常の嫌なストレスを忘却させてくれます。

 

池上へ行くのなら、8月が絶好の機会です。

サイクリングに疲れたら、走走池上で休憩がお薦めです。

 

 

最新の税務記事

2020.02.04確定申告会場には医療費の集計、投資信託の信託財産の割合がわかるものを忘れずに持参しよう

 

 

今日の一言

Let’s eat:いただきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です