主夫的税理士生活「いただきます」と言っていますか?

先日嫁とハンバーグを食べに行ったとき、

僕と同じ年くらいの夫婦らしき人達が。

 

僕らのオーダーが先に到着し、

モクモクとランチを噛みしめていたら、

お隣の夫婦からこんな素敵な声が聞こえました。

 

旦那さんは、ちょっと大きめの声で、

「いただきます。」と。

 

 

いただきます。

最近、言っていますか?

 

いただきますを言わなくなった

僕は全然言いません。

いただきますって、そういえば、口に発することは殆どありません。

 

食事をし終えた後には、お会計の時に、

こちそうさまでしたと言うようにしています。

 

心を満足させていただいた感謝の気持ちとして、

必ず声に出すようにしています。

 

しかし、料理が提供され、食事を始める前に、

「いただきます。」

という事は、ずっと昔から口にする事はありません。

 

子供の時は、母親が作った料理を口にする前には、

必ず言っていた記憶があります。

 

さもなくば、怒られたから。

しかし、1人暮らしをするようになってからは、

そんな事もなくなりました。

 

ハンバーグを食べながら、あまりにもあっさりと自然に発せられた

「いただきます。」に、僕はすっかり打ちのめされたのです。

いただきますの意味

いただきますには、いろんな意味があると言われています。

 

・大地や作物への感謝

・海や山の幸への感謝

・命を捧げてくれた動物への感謝

・作ってくれた方への感謝

 

多分どれも正解なんだと思いますが、

僕は最後の作ってくれた人への感謝だと感じます。

 

1人暮らしの時、料理を作る事は、100%自分の為でした。

自分の為に作り自分が食らう。

 

それでも十分だったのですが、

今は誰かの為に作るようになり、作り手の気持ちがよくわかります。

 

たかだか2人分作るだけですが、

食材を買いにスーパーへ行くときでさえ、無心ではありません。

 

やはり何かしら、相手の事を考えています。

調理中も、何となく相手の事を考えて調理したり。

 

誰かの為に調理をするという事は、

気持ちを表現する方法の1つなんですよね。

料理する人は様々な感情が

そもそも、全て食べ終わって後に感謝の思いで、

「ごちそうさま」という方が、傲慢だったのかもしれません。

 

美味しい食事というのは、心が和むものです。

彩を工夫したり、季節によって食材を変えたり、

味付けを工夫したり、組み合わせを変えたり。

 

家庭内であっても、誰かに提供する料理は、

いろんな思いが込められているはずです。

 

母親ともなれば、様々な感情があるんでしょうね。

 

もう何十年も忘れてしまっていた、いただきます。

ハンバーグ屋の1件以来、僕は3食の度に、

いただきますを発しています。

まとめ

ここ数週間はバタバタしており、

満足に朝食や夕食の支度ができません。

 

「オレだって(珍しく)仕事してんだよ。」

と言いたくなりますが、主夫的税理士生活を送る為に、

ここはぐっと堪え時です。

 

最新の税務記事

2020.02.04確定申告会場には医療費の集計、投資信託の信託財産の割合がわかるものを忘れずに持参しよう

 

 

今日の一言

Let’s eat:いただきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です