恒春半島西海岸をぐるっとツーリング6關山。人気のご来光スポット關山は美しい静寂の魅力的。

2019-2020年の年末年始の旅行記の続きです。

12月30日、ランチ後、萬里桐と阿信巧克力農場へ向かう前、

あまりの風の気持ちよさに、恒春西海岸をバイクでぐるぐる回っていました。

 

そして立ち寄った所は、ご来光で有名な「關山」。

 

恒春のご来光スポットというと、

以前紹介した「龜山 聽濤坪」も有名ですが、「關山」の方がポピュラーのようです。

 

バイクなら恒春中心から風を切って30分もしないで行けます。

車も全然通らないし、すっごく気持ちいいですよ!

 

 

 

關山はこんなところ

關山はご来光スポットと言うだけあって、

かなり高い位置にあります。

 

バイクでひらすら道を上っていきます。

誰もいなくて不安を感じますが、ひたすら走ります。

 

時々のら犬がいるので怖いのです。

よけると追いかけられるので、気にしないで通り過ぎるのが一番です。

 

 

 

關山に到着です。

どうやってこのでっかい岩をもってきたんだろう?

あっ、自然にこんな風になっていたのかな?

 

とにかく關山についたのですが、誰もいません!

風の音だけがして、何かがでてきそう。

不安になります。

 

 

おお!ここから登るんですね。

バイクは途中に停車させてここからは歩きます。

 

ご来光スポットなので、昼間は人がいないのかな?

 

 

 

しばしば5分ほど登ります。

↓は管理の人がいます。30元を支払いました。

 

 

 

關山の風景

頂上に着くと、いろいろな場所から海を一望できます。

元旦は多くの人がここで初日の出を見たのでしょうか?

 

この30日の13時頃は、僕以外誰もいませんでした。

バイクでツーリングしていた若者が2名通りかかったくらい。

 

すっごく静かな中、恒春の西海岸が見渡せます。

雲の流れが速く、晴れたり曇ったり忙しい。

いろいろな表情を見せてくれます。

 

 

誰もいない、風の音しか聞こえない中、

1人でひたすら海を眺めます。

 

 

 

すっごく静かな中、恒春の西海岸が見渡せます。

雲の流れが速く、晴れたり曇ったり忙しい。

いろいろな表情を見せてくれます。

 

 

 

誰もいない、風の音しか聞こえない中、

1人でひたすら海を眺めます。

 

のんびりしていて、時計をみてもまだこの日は13時30分。

ゆっくり時間が流れています。

 

 

頂上はかなり整備されてます。

僕だけなので、しばしベンチに寝転がってゆっくり。

 

 

 

日向でゆっくりしてても、誰にも邪魔されません。

風と小鳥の音しか聞こえません。

 

 

 

自然しかなく、静寂の中の木々が美しい。

気温は25℃ありましたが、風にのって澄んだ空気はどこはひんやり。

 

こんな場所で過ごせたら。。。。

と、恒春西海岸ではしばしば感じました。

 

 

そしてこの後、既に投稿済の萬里桐と阿信巧克力農場へ向かいました。

まとめ

關山はご来光スポットの為、特に何があるわけではありません。

しかし、静寂の中の景色は美しく、

自分が何者かわからなくなってしまう怖い静けさがあります。

 

朝日や夕日はさぞかし美しく海に映るのでしょう。

 

さすがにバイクで夜来るのは怖かったのでできませんでしたが、

複数人であれば、タクシー等を使って、

夕日や朝日を見るのも楽しそう。

 

ぜひチャレンジしてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です