開業初年度に実行して正解だったたった1つの事

僕は昨年独立するまで、ごくごく真面目な人生でした。

職場は2回転職したものの、いわゆる空白期間はなく、

普通のサラリーマンをやってきました。

 

昨年会社員を辞めて以降、その普通の生活が大きく崩壊。

この1年は37年間で、最上級の背徳感を感じた1年でした。

 

しかし、この1年間で、思い切って実行してよかった!!

と思える事が1つだけあります。

 

独立以前、ずっとやってみようと決めていた事です。

 

そして生まてれから37年間、こんなにも仕事をロクにせず、

遊び(旅行)呆けていた1年は、人生で初めての経験でした。

 

 

宜蘭の羅東駅は、台湾では珍しい中華建築。

去年の5月なのに、ずっと前の事にように感じます。

開業初年度は遊び呆けていた1年

元々僕は、学生の時から1人で旅行が大好き。

国内、国外問わず、1人でフラリと出かけるのが面白く。

 

自分が知らない土地で、知らない事を目にする事って、

僕にとっては生きていく目的の1つだったのかもしれません。

 

しかし不運にも、20歳中盤は、税理士試験というトンネルに入ってしまい。。。

もしかしたら、僕は一般的な受験生よりも、

遊んでいた方かもしれません。

 

ただ、それなりに僕も平日を中心にコツコツ勉強をし、

20代は勉強に費やしてしまったのかもしれません。

 

成り行きで会社員を辞めましたが、

独立して仕事がないことなど分かりきっていた為、

当初から、この1年はガンガン思う存分旅行へ行くことを決めていました。

 

いやいや、本来だったら、スタードダッシュをすべき時期ですよね。

 

自分を宣伝して、交友関係を広げて、表向きだけの知り合いも沢山作って。

銀行を回るのもし、広告を作るのもよし、セミナー参加もよし。

 

仕事をガンガンやっていく道もあったのにも関わらず、

僕は昨年、1月(退職前)、5月、8月、11月、12月年末年始と、

5回も台湾へ行き、散財をして遊ぼ呆けていたのです!

 

ただ、これだけは心から言えます。

 

こうしたい!やってみたい!と思った時。

そして、明らかに目の前にそのチャンスが到来した時。

 

自分が思うままに、行動してみる事も、

1度くらいはあってもいいんじゃない?

 

今は昨年遊び呆けていて、本当によかったと感じています。

全然楽しめなかった5月の16日間の旅行

昨年5月、世の中のGW明け、そして事務所HP完成後、

僕は16日間の台湾1周へ行きました。

 

宜蘭の羅東から半時計周りにスタートし、

民泊、INN,ホステル等の安宿を利用。

 

可能な限り滞在期間を考えず、宿泊予約をとらないで、

現地で暮らすように過ごしました。

 

現地では電車にのってぐるりと1周しましたが、

全然楽しめない16日間の旅行でした。

 

単純な有給休暇だったのなら、大いに楽しめたのでしょう。

 

会社員を辞めて人の多くが感じると思いますが、

「オレ、こんなことしてていいんだろうか?」

「このまま働き口なかったどうしよう。。。」

 

という思いが、旅行をしながら頭をよぎるのです。

 

昨年独立した何名かの税理士さんは、

もうガンガン仕事をしています。

 

一昨年独立された方も、頑張ってお仕事されています。

なかなか起動にのらない人の方が多い現状で、

僕は一体、何を思って生きていけばいいのか?

 

そんな事ばかり考えてしまう、16日間でした。

現地で電車に乗っていても、

「平日に電車に乗ってる人達は、働いていないのだろうか?」

そんなバカげたことばかりを考えてました。

 

仕事がない、職がないという事は、

ずっとこんな思いを持ったまま生きていくのだと、怖くなった瞬間です。

 

それでもそれなりに楽しんだ16日間だったのですがね。

仕事をしていても充実とは異なる

8月もまた、凝りもせず16日間旅行へ行きました。

11月は6日間、12月年末年始は16日間行ってきました。

 

こんなに腰を据えて1人で行ったのは初めてです。

ええ、本当にスタードダッシュすべき時に、

僕は遊び呆けていました。

 

でもこの1年の旅行で、僕は仕事をしている事、

充実している事、忙しい事は意味合いが異なる事を今更実感しました。

 

殆どは自然豊かな場所へ訪問したので、

大きなビルが建つ都会散策はほんの少しだけです。

 

小琉球島や墾丁、南海岸、台東の東海岸などは、

ゆっくりと時間が流れているのですね。

 

バイクや自転車で、じっくりと観察してても、

あれ?まだこんな時間か。。。と思ったり。

 

逆に都会にいる時などは、ちょっと移動しただけで、

ええ!もう夕方なの?って思ったことも。

 

でもゆっくりと時間が流れていた自然の方が、充実していた時間であり。

都会では、忙しく行動していただけだったような。。。。

 

普段のお仕事も同じなのかもしれません。

 

忙しく仕事をしていれば、都会の時間の様に、

それなりに時間は早く過ぎていきます。

僕もこの1月、2月は、ササっと時間が過ぎ去っていきました。

 

しかし、それは充実している事とは全く異なります。

充実していたとは言えない日々

この数カ月は、確かにスケジュールが埋まりましたが、

僕は心から何か思いを巡らす事がありませんでした。

 

何か流れ作業的な部分があり、そうせずにはいられない事情もあり。。。

今思い返しても、充実していたとは全く思えません。

 

ひらすらHPやブログの投稿をするしかなかった時の方が、

思い悩むことが多く、生きている実感がありました。

 

ゆっくりと流れる時間の方が、考える悩む事は多いものの、

僕にとっては充実しているのかもしれません。

 

流れ作業の中、何も思い巡らせず過ごしてしまうのであれば、

それは今までのサラリーマン生活と何ら変化がなく、味気ないものです。

 

仕事があってなんぼのもんだ!と言われますが、

心が忙殺されるような生き方は、僕はやっぱり嫌です。

 

今後も税理士の仕事をするのであれば、

この大きな失敗は、今後の仕事の仕方に生かしていかなくてはなりません。

僕は旅行してよかった!と心から思うよ

僕は結局、この1年は37年間で最も遊び呆けていました。

お金もそれなりに散財しました。

もっとやるべき事があったのかもね。

 

仕事もないのに全くもう。。。

とも友人からは言われました。

 

でも、当初からそうしようと決めていたことです。

そして昨年だからこそできた事であり、後悔が全くありません。

 

むしろ、会社員を辞めた後の1人旅、

宿の予約もしないフリーの旅行の方が、

今までと全く楽しみ方や気づき方が変わりました。

 

ええ、今現在、ビザなしでは台湾に入国できません。

他の諸外国は、入国禁止です。

 

昨年思いとどまっていたら、今ごろ大いに後悔してました。

 

あっ!チャンスがある。今やってしまおう!

という時が到来したら、心の向くままに行動してみる事も不正解ではないと思います。

まとめ

僕の独立初年度は遊び呆けていましたが、

旅行中もコツコツとこのブログは更新していました。

 

そして当然ですが、事務所HPの投稿については、

旅行中も投稿を止めていません。

ちゃんと投稿をしてました。

 

だからといって、何か効果があったのか?

と言われればそれまでですが。。。。

 

独立後、せっかくなんで長期間旅行行っちゃお!

というのも、僕は悪くはないと思います。

最新の税務記事

2020.03.22ポイント発行店や系列店でポイントを値引として利用する場合の会計処理

 

今日の一言

give myself a boost:気合を入れる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です