在宅ワークと家事は切り離せない。在宅ワーク中は家事もしよう

在宅ワークが日常になった今、世の奥様方は、

旦那様にイライラしているようです。

 

僕も日中、自宅にいる事が多くなりましたが、

在宅ワークをしている嫁にイライラする事があります。

 

一日中家で顔を合わせる事って、

良い部分よりも悪い部分の方が多いのかも。

 

だってさ、家にいるのにちっとも家事やらないんだぜ!

 

 

在宅ワーク中は家事をやらない問題

昼間洗濯をしたり、食事の用意をすると、

そこで集中力が途切れますよね。

 

食事を作ったり、洗い物をしたり、

食材買いに行ったり、それが2人分、3人分となると。。。

 

在宅ワーク中は純然たる勤務時間であり、

プライベートではない為、休みではありません。

 

だからプライベートである家事は妻(俺)の役目らしいのです。

きっと在宅中は、お昼の用意を奥様方にしてもらっている方もいるのかもしれません。

 

しかし、黙っていれば飯が出てくるのは当然だなんて、

通常はあり得ない事です。

 

自分が食らう飯の支度くらい自分でしましょう。

家事という労働は面倒くささの塊

1人暮らしの男性でも、家事をしている人は沢山います。

実家をでれば、自分で家事をせざるを得ないし。

 

1人暮らしを始めた時って、

みんな親のありがたさがわかった時だったと思います。

 

3度の飯の用意と片付けや毎日の洗濯と定期的な掃除は、

レベルが高い事ではないけれど、面倒くさいのですよね。

 

誰かが褒めてくれるわけではないのですから。

 

しかし大抵の場合、家事の面倒くささは大人になるにつれて、

みんな知っていくはずです。。。

 

でも誰かがやってくれていると、

家事の面倒くささに気付かなくなっていきます。

 

しかもその面倒くささは、旦那が家にいる事が起因となっているので、

そりゃイライラも当然。

 

そこで、家事をするために在宅しているんじゃない!

って上から目線で考えず、こんなことだけはやってあげましょう。

ちょっとした事をやってみよう

夕食や昼食、朝食の洗い物って、面倒っすよね。

 

ええ、僕だって仕事があるのに、

ちんたら食われたら、たまったものじゃないですよ。

 

3度の飯の食器洗いくらい、旦那さんはやってあげましょう。

テフロンのフライパンは傷つけず、優しく丁寧に洗ってあげましょう。

 

レンジやオーブンが油でぬめったら、

優しく濡れ布巾で拭いてあげましょう。

 

醤油やドレッシング、調味料が残り少ない事に気付いたら、

奥様に告げてあげましょう。

 

キッチンの台所の水切りネット、排水溝ネットは、

誰が交換しても何ら大差がありません。

 

奥様が電話や宅配便の配達に出れない時は、

旦那さんがでてあげましょう。

 

在宅ワークであっても家に居る以上、

面倒くさい家事は、お互いに協力して行いましょう。

 

まとめ

今日は嫁の在宅ワークでイライラしたので、

在宅ワークのイライラを書いてみました。

 

自宅で仕事を行うのであれば、家事は協力して行うべきでしょう。

仕事をしながら家事を行う事って、非常に難しいのですよね。

とりわけ、集中力といった観点では。

 

小さな子供がいれば、いうまでもありません。

旦那が小さな子供だと見なされないように、

家事は協力して行いましょう。

最新の税務記事

2020.04.29滋賀県感染拡大防止臨時支援金は5/7から申請開始

 

今日の一言

名詞+staple:~の定番

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です