メール相談やオンライン相談は対面式相談よりも難しい。

少し前にも書きましたが、5月は単発契約や税務相談が比較的ありました。

別に10件も20件もあったわけじゃないんだけどさ。

 

事情により止めていたメール相談を3月末から復活。

またwebを通した記帳指導等を行う開業サポートをアップしたところ、

ポチポチ問い合わせがありました。

 

今までほぼ対面で行っていた事をweb上に切り替える事に、

抵抗が無かったと言えば嘘になります。

 

webを通したやり取りでは、自分の力不足や悩んだ事が多々あります。

今日は、web上相談等について、僕が最近モンモンと悩んでいた事を投稿しておきます。

 

 

ちょっとした相談は無料で普通

税金関係のちょっとした相談にお金がかかるというと、

「えっ!そんな事でお金がかかるの?」

という反響は、僕が思うよりも一般的のようです。

 

僕も10年程前は、そんな事で金とるのか?と感じていた時も。

 

しかし、今はそうは思わないし、自分が言われる立場になった時、

なぜボランティアをしなくてはいけないのか?と、生意気にも感じます。

 

意外にも、いきなり電話がかかってきて、「〇〇について聞きたいんですけどー」

という問い合わせは未だにあります。

 

世の中には、専門家にちょっとした事を無料で相談できるサイトが沢山。

〇〇ドットコムとか、〇〇ドクターとか。。。

 

即答できるあらゆる事について金銭を要求する事が、

本当に正しいのかどうかわかりません。

 

ただ、飲食店等で「ちょっと無料で味見させて!」

といった行為は、僕はしたくもないし、されたくもありません。

オンライン相談は対面よりも難しい

確定申告時に、メール相談を一度止めました。

時間的な事もあったのですが、それだけではありません。

 

お金を支払う事、より正確に回答する為には、

「これは直接対面して相談した方がいいのでは?」

「シビアな判断が必要で、実際に資料を見て聞かないと何とも」

といった内容がしばしばありました。

 

オンラインを利用した相談は確かに便利で、今後も増やしていきたいと思いますが、

対面してじっくり相談した方がベターな内容も必ず存在します。

 

当然ですが、僕の力不足な部分もあります。

ただ、web上での相談には、内容によっては限界があると感じました。

 

先月はオンライン会議やメール、その他の有名な電子媒体のツールで相談を行いました。

 

僕にとって最も難易度が高いツールはメール相談であり、

文章で受けて文章(+イラストや絵)で答える事は、難しいなあと。

 

何でも口に出して聞くことができる対面、またオンライン会議って本当に便利。

しかし、言葉を発する事ができないだけで、ぐっとその難易度が上がりました。

 

与えられた情報だけで、依頼主の意向を全て正確に把握する事って、

社会人になって以降、僕は行ってこなかったのです。

 

そういう機会があったのかもしてませんが、

意識していなかったのかもしれません。

 

僕から依頼者へ問い合わせる時に、どこまで相手の立場になって考える事ができるかが、

正確な意向や必要不可欠な情報を引き出す鍵となりますが。。。

 

何件か行いましたが、文章化している最中、

やや依頼主の意向とズレてないか?と書きながら感じた事も。。。

 

一旦書き終えてみて、本当にこういう事を相談したかったのか?

と疑問に感じて、全て書き直してみたり。。。

 

相手が見えない分、依頼主の正確な意向を捉える事が難しく感じます。

ただ、そこをこちらからの問いかけで引き出す事が、

腕を振るう部分かもしれません。

 

メール相談は、翌日すぐに問い合わせの回答する方も沢山いますが、

今の僕にはまだ即答は無理なレベルだと実感します。

 

ここは大いに改善すべき点であり、難度が高い点だと知りました。

ネットの情報と回答が一緒

税務相談には「ちょっとした質問」もあり、

ネットを検索すれば、答えや方向性が見つかる相談内容も。

また、僕の回答も、それらとほぼ同様の場合もありました。

 

そんな時、「これでお金をいただいていいのか?」としばしば悩む事が。

 

どう考えても他の回答が見つからず、一般的な回答になってしまったり。。。

そんな時は、わざわざ問い合わせもらってお金をもらう事がいたたまれなく。

 

ただ、あるお客様から言われた事に、例えネットと同様の情報であっても、

専門家からの回答と0円の情報では、圧倒的にその重みが異なると言われました。

 

そういえば、数年前体調が悪くて病院に通っていた時に同様の事が。

 

体調不良の原因をネットで調べてましたが、お者さんから言われる

「かくかくしかじか、それくらいじゃ人間死にません、ヘーキヘーキ」

といった言葉の方が、圧倒的に安心感がありました。

 

例えネットに溢れる情報と同様になってしまっても、

決して卑下する必要はないものの、責任感が重大であるのだと感じます。

まとめ

とはいうものの、メール相談はじっくりと考える事ができる良さがあります。

相談の方法は沢山あるので、それぞれのツール独特の難しさにまだ慣れていません。

 

対面式、メール、チャットワーク、ZOOM、slack、スカイプ等、

どの媒体を使用しても、ネットの情報よりも重みがあるんでしょう。

 

今後もっと、上手くふるまえるように努力する所存です。

 

最新の税務記事

2020.06.07売上収入300万円超の副業者の雑所得の申告方法の改正について

 

今日の一言

have style:カッコいい、オシャレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です