開業初年度の市民税はゼロ、国民健康保険はごくごく少額。

6月は市民税の国保の通知書が届く季節。

僕の顧問先にも納付書が届き、僕が算出した納付額に間違いなし。

 

そして気付いたのですが、市民税の納付書が届きません。

おかしいなあ、、と思っていたところ、

僕の昨年の経常所得内の損益通算後の課税は0円だったので、均等割すら免除でした。

 

ええ、国保も年間ごくごくわずか。

開業初年度の税理士さんって、みんなどの程度の納税なんでしょう?

 

開業初年度の市民税と国保

僕の昨年の事業収入は100,000円。

 

嫁さんは恥ずかしいから全世界に発信するなと言いますが、

鈍感な僕はそれが恥ずべきことだとは思いません。

 

開業費はありませんでしたが、くそ高い税理士会費等や

贅沢なノートパソコン2台の減価償却がかさみ。

 

勤務先の給与と事業のマイナスを相殺しても、

がっつり赤字を繰り越ししました。

 

そんな僕は社会人になって以降、初めて課税所得が0という経験をしたのですが、

開業初年度で課税所得0とは普通だったのでしょうか?

開業初年度の課税所得0ってヤバイ?

たまにみる同業者のブログでは、日々の充実が感じられます。

僕はたまにしか目にしませんが、実は僕の嫁が税理士のブログをみています。

 

おお!オレと同じ開業初年度なのに、大きな格差が!

開業初年度から200万円、300万円あったという話を聞くと、

君の10万って、バイトの方が稼げるよの世界に。。。

 

独立開業に至るまでの話や書籍は様々ですが、

初年度の売上や所得の記載があるものは、僕は見たことがありません。

 

web上でしか営業をせず、他人の紹介や紹介業者を利用せず、

旅行ばっかりしていると、僕のような事業収入と課税所得となります。

 

嫌なお手本だと思った人は、僕の様にならない為に、

開業前にしっかりプランニングをしましょう。

 

まとめ

そんな僕は先日、今年の自分の経理をやりました。

税理士にくせに、今ごろ1月からの記帳をしました。

 

今の予想だと、今年は課税所得がでる見込みですが、

一度市民税なし、国保少額の味を噛みしめてしまうと。。。

 

嫁は税理士さんのブログを取り上げて、

こういう風にもっとガンガン仕事しようよ!と奨励してきますが、

僕は夫婦でのんびり生活ができればいいと考えています。

最新の税務記事

2020.06.14日額表丙欄で源泉徴収を行う場合の具体的事例と注意事項

 

今日の一言

thimk it over:考え直して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です