滋賀の名店とんかつ棹。ふんわり軽く柔らかなとんかつをお手頃に味わうならとんかつ棹 。

僕は肉といえば豚肉。

牛肉や鶏肉よりも、脂身の旨みを堪能できる豚肉が好き。

 

滋賀県へ転居して以来、そういえば一度もとんかつを食べていない事に気付き。。。

そこで嫁にどこか旨い店を聞き、さっそく行ってきました。

 

いやいや、知ってんならさっさと言えよ!って思います。

お店の名前は「とんかつ棹」

 

嫁は何度か大津店の本店に行ったことがあるようですが、

この日は新しい瀬田店へ行きました。

 

↓外観です。

 

 

意外に竹が茂る中にあり、周辺は静かで落ち着いていい感じです。

ちなみにお隣(右側)は洋菓子屋さんです。

 

とんかつを食べた後に、洋菓子を購入してもベター。

とんかつ棹 基本情報

住所は滋賀県大津市瀬田5丁目 

周囲は住宅街で基本的にお店はありません。

 

↓地図です。

 

 

店内はカウンターが数席、テーブルが3席。

広くはありませんが、こじんまりとしていて静かでいい感じ。

僕は好きなタイプのお店です。

 

 

メニュー オーダー

メニューです。

意外に低価格で驚きました。

2,000円くらいするんじゃないかと思っていたのですが。。

 

 

ええ、ここは賞与は支給される嫁に依存することに。。。

 

嫁はひれかつ定食オーダーしました。

確かにヒレは脂分が少なく、タンパク質補給には最適かも。

 

でもとんかつといえば、やっぱりロースでしょうよ。

 

 

 

衣が綺麗にさくっとしていそうな絵とカラーが素敵。

とんかつ屋さんの衣って、凄くおいしいですよね。

 

衣のカスがあったら持って帰りたいくらいです。

ご飯にかけたら、さぞ美味しそう。。。

 

 

まずはソースは付けずにいただきます。

お肉はびっくりするくらい柔らかでフワフワ。

 

豚肉の脂分だけで立派な調味料です。

 

そしてやっぱりソースをつけていただきます。

適度な豚の脂分がソースと絡むと食欲がそそられます。

 

 

衣の揚げ具合が最高。

お店によっては、サクサクしているけど衣がちょっと硬いお店も。。。

 

でもこちらはふんわりさくっと、ホロホロした揚げ具合。

衣が肉を邪魔しません、しっかりと触媒効果を果たしています。

 

白いご飯と一緒にいただくのであれば、最高の衣です。

柔らかいお肉とふんわり食感の衣の調和は最高。

 

次回は大津のお店に行ってみるつもりです。

まとめ

今回はとんかつ棹(瀬田店)を紹介しました。

価格はフレンドリーで味や食感も最高。

 

特に衣のふんわり感は、衣だけをテイクアウトしたくなります。

お肉も柔らかくて、脂の旨みがタップリ。

 

がっつりとんかつをいただくのなら、とんかつ棹がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です