新竹観光グルメ 台湾のシリコンバレーで成長著しい新竹。新竹駅周辺をぐるっと一周ご紹介。

2019-2020年台湾旅行の番外編。

今回は、2019年8月に訪問した新竹の街。

 

台湾のシリコンバレーの新竹。

台北や台中滞在時には、おすすめの観光場所。

 

台中のようにオシャレで芸術的な施設建造物が多く、

一方で古い町並みも残り、巡回するにはお薦めのスポット。

 

まだまだ高いビルが建築されており、見逃せない街は、

できれば1泊してゆっくり散策したい場所です。

 

ちょっとだけ、シリコンバレーの新竹中心部を紹介します。

↓新竹駅は歴史的でかっこいい!

 

 

 

新竹の街並み

駅周辺は、綺麗な護城川を見渡せる公園が。

 

この時は8月の暑い時期でしたが、

多くの家族や若者がゆったり会話したり読書したり語り合ったり。。

 

 

 

 

そして新竹のシンボルの迎曦門。

観光する人には欠かせないスポット。

 

間近で見ると、かなりでかく迫力があります。

見事な存在感に思わず見とれてしまいます。

 

 

 

 

 

駅から少し歩くと新竹の老街です。

老朽化により、リノベーションされた場所もありますが、

古い建造物も残り、まだまだノルタルジアな雰囲気が残ります。

 

 

 

 

まだお店は営業しています。

夜はぐっといい雰囲気のオレンジ色の灯りが灯ります。

 

 

 

 

 

そして台湾の面白さと言えば、エネルギッシュな市場。

新竹中央市場です。

外には多くの賑やかな飲食店が軒を連ねます。

 

 

 

これぞ市場!

服や食器、雑貨とともに、お惣菜や果物、肉野菜のワンサカワンサカ。

 

 

パッションフルーツがこんなにどっさり。

これさ、15個で100元だったから、思わず買ってしまいました!

(重かった。。。)

 

 

 

レンコンのフライ、豆をあげたもの、鶏肉の甘辛、昆布の惣菜などなど。

ああ、美味しそう。日本のスーパーの惣菜より美味しそう。。。

白いご飯があったら思う存分味わいたい。。

 

 

 

でっかい愛玉と仙草ゼリーも市場ならでは。

タッパーで購入している人がいました。

 

暑い夏は美味しいだろうな・・・

 

 

 

 

新竹市役所です。

知らないで中に入ってしまいました。

迫力があり、一度は訪問しても楽しめます。

 

 

 

 

 

美しいレンガの新竹美術館。

無料なのに、かなり凝った展示内容です。

 

新竹の歴史も描かれており、必ず訪問したい施設。

無料とは思えない充実した美術館です。

 

 

 

 

 

 

新竹の税務署です。

税務署もでっかくて迫力あります。

日本の税務署もこれだけどっしりしていたらいいのにね。

 

 

辛志平校長故居快閃新市集です。

日本の古い家屋をリノベーション。

 

日本の植民地の時の建物を大切に使用してくれています。

古き良きとは思いませんが、何だか心が温かくなります。

 

 

 

豪華な和式のお部屋。

まるで純日本家屋の旅館みたい。

素晴らしい。

 

 

 

 

 

新竹で訪問した飲食店やお店は、既に投稿済です。

夜市や縁日など、様々な楽しみ方があり、とても1日では謳歌できません。

 

新竹観光は、できれば1泊する事をお薦めします。

 

まとめ

さらっと新竹駅周辺を紹介しました。

上記の画像のコースは比較的巡回しやすいコースですが、

ゆっくり楽しむと、すぐに夕方になってしまいます。

 

駅から少し離れても、面白いスポットが満載。

新竹の街を散策するのなら、できれば1泊2泊したいものです。

 

台北や台中へ訪問した時は、ぜひ新竹へ足を延ばしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です