台湾最南端ツーリング5鵝鑾鼻灯塔。最南端のシンボルは迫力ある美しい白い灯台の鵝鑾鼻灯塔。

2019-2020年の台湾旅行ブログ。

半年ぶりとなる、台湾最南端ツーリングの投稿です。

台湾最南端のシンボルと言えば、白い灯台が目に映える鵝鑾鼻灯塔。

 

広大な鵝鑾鼻公園はかなり運動になるハイキングコース。

ゆっくり観光するのなら、このスポットだけで2時間程は要します。

 

今回は南端にシンボル鵝鑾鼻灯塔を紹介します。

ここまで来たら、台湾南部の大自然を満喫しまくりです!

 

 

 

鵝鑾鼻灯塔 基本情報

住所は屏東縣恆春鎮燈塔路90號。

墾丁で一日600元のバイクをレンタル!

 

こんな僕でさえ、小琉球、恒春と合わせると、この旅行では7日間バイクを利用。

1人旅は臆せずチャレンジあるのみ!

 

もはや南端です。

 

 

 

鵝鑾鼻灯塔はこんなところ

墾丁に来たら、絶対に行った方がいい鵝鑾鼻灯塔。

自由に時間をきにせず散策するために、

バイクでの移動をお薦めします。

 

2019年末は工事中でしたので、入り口のチケット売り場はこんな感じ。

まずは売店が登場します。

 

ここは侮ってはいけない!

意外にいいものが販売されており、ついつい目移りが。。。

 

 

 

2020年1月2日でしたが、基本は25度越で暑くて喉が渇きます。

ヤシのジュースを飲みながら歩くのもありです。

 

 

 

 

チケットを購入します。

 

 

 

 

 

白い灯台まではやや歩きます。

公園内は広大!この日は風が強かったけど、涼しくで心地よい。

 

シーズンオフだったので、あまり人はいませんでしたが、

静かで木々や芝が揺れる音の静寂が落ち着きます。

 

もちろんですが、空気は澄んでいて気持ちよくて仕方ない。

 

 

 

こんな場所で寝転がってマンガでも読んだら、

さぞ気持ちいいだろうね。

 

何だかこの風景が勿体ないような気もしましたが、

それでいいんでしょうね。

 

いつまでも美しい自然の姿でいて欲しいものです。

 

 

真っ青な空に流れる雲を見ながら、

しばしばボーっとしていました。

 

この日は朝8時から小湾をスタートしたので、

既にやや疲労が。。。

 

 

 

 

公園内を歩きます。

整備されており、静かで自分だけの場所のようでいい気分。

 

 

 

 

鵝鑾鼻灯塔が見えてきました。

台湾最南端って感じがします。

 

子供連れの親が、芝生で遊んでました。

そりゃこんな場所を目にしたら、寝転がりたいでしょう。

 

 

 

間近で見ると迫力があります。

存在感がありカッコいい!

これが鵝鑾鼻灯塔です!

 

写真でしか見なかった台湾最南端にこれた!

 

 

 

 

 

 

ああ!しかし12月のシーズンオフは工事中。

中の見学はできませんでした!

なんて残念。

 

 

しかし、人も少なくいい雰囲気を堪能できたので良しとします。

 

 

 

 

鵝鑾鼻灯塔内には広大がハイキングができるコースがあります。

険しくも美しいブルーの海を堪能でき、ゆっくり堪能するのなら、

鵝鑾鼻公園だけでも、2時間程を要します。

 

ハイキングコースは次回紹介します。

台湾最南端といえば、鵝鑾鼻灯塔で間違いなし。

 

 

 まとめ

今回は久々に台湾最南端ツーリング編を紹介。

最南端の鵝鑾鼻灯塔は存在感があり、

墾丁観光ではぜひ時間をかけて回りたいところです。

 

この美しい公園の景観。

ああ、また行きたい!

 

今はまだコロナで旅行に行けません。

これを書いている今は、この旅行からもう1年も経っているんですね。

 

コロナが終わったら、また美しい自然を見に行くぞ!

そのために、このブログを書き続けます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です