デジタル化=スマート化は誰でも容易に操作しやすいが大前提。

ここ数日のニュースで、デジタル教科書が話題に。

 

えっ!まだ完全デジタルじゃなかったんだ。と僕は思いましたが、

なぜそんなにも急に、デジタルを急ぐのか?

疑問に思う方も少ないくないようです。

 

がさばる教科書がスリムになるのなら、

また本当の意味でスマートになるのなら、デジタル教科書は素敵です。

 

だだし、地方税電子申告のようなソフトウェア仕様になってしまっては、

スマートどころではなく、デジタル=面倒くさいになってしまいます。

 

デジタル=スマートの大前提は、だれでも容易でわかりやすい操作方法が条件です。

さもなくば、デジタル化はだだの面倒くさいゴミでしかありません。

 

 

 

 

 全然スマートじゃないデジタル化

先日、PCdeskをダウンロードし、総括表の準備をしていて10分経過し、

「あっ、もうやーめた。紙で提出、郵送にしよーっっと。(早!)」

と即座の決意に至りました。

 

PCdeskを使うのは、概ね2009年以来11年ぶりです。

少し期待していましたが、当時と全然変わっていません。

 

25歳の会計事務所新人の時に感じた率直な意見は、

「イライラする。」といった幼い感想でしたが、11年経ってもイライラしました。

 

「一体、どこの会社が誰にどんな命令をされて開発したのだろう?」

といった不平を言うつもりはありませんが、

紙で提出した方が、ぜーんぜんスマート。

 

資源の削減や、スマートな意思情報伝達という観点においては、

僕は国が掲げるデジタル化は大賛成です。

 

しかし、単に面倒でわかりづらいだけのデジタル化なら、

デジタル化=不便になってしまい本末転倒です。

 

本当の意味でのデジタル化を推進するのなら、

感覚的、直感的に操作しやすいデジタル化があるべきです。

 

 デジタル化と退化は紙一重

デジタル化が進むと問題提起されるのが、手を使わなくなる事。

現役の社会人でも、メモはデジタルを使用する人も大勢います。

 

デジタルであれば、複数デバイズで共有できるし、

クラウドを利用していれば、紛失のリスクも僅少です。

 

しかし、使わない能力は確実に退化していきます。

手を動かさなければ、手から刺激を受ける脳みそは大きく後退。

 

便利便利は正解なのかもしれませんが、

手を動かすことは、もはや人間に必要ない!かというと。。。

 

僕はスケジュール管理はグーグルカレンダーを使用していますが、

プライベートや仕事上のメモは、必ず手書きです。

 

法人や所得税の確定申告書も、必ず手書きで一度起こします。

スーパーのお買い物のメモも、絶対に手書きのメモです。

 

だってさ、便利さは、確実に人間の脳みそを退化させるからさ。

 

デジタル化は資源のスリム化、教育のスマート化という観点においては、

非常に優れていますが、手を動かして考える刺激がないという点が欠点です。

 

デジタル化と手書き・手を動かす事の長所と短所は、

面白い程に相反しています。

 

お互いの長所・短所を上手く取り入れて、

デジタル社会が進展していく事と願います。

 

 まとめ

PCdeskはチャレンジして10分そこそこで断念。

ええ、だって絶対書面で提出した方がスマートです。

 

そこで格闘するのなら、僕はあっさり負けを認める人間です。

使いこなせない僕が悪いのです。

 

ただ、あらゆる人間にイージーでないのなら、

本当の意味でスマートなデジタル化ではありません。

 

綺麗でモダンな画面じゃなくてもいいので、

もっとシンプルなソフトに生まれ変わる事を祈っています。

最新の税務記事

2020.12.17 株式譲渡や配当金の確定申告は市民税の申告不要制度(異なる課税方式の選択)が必須。

 

今日の言葉

こんなに待たせて何やってたの?:what kept you so long

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です