台湾最南端ツーリング墾丁牧場放牧区。墾丁国家公園に向かう前にほのぼの墾丁牧場。

墾丁の小湾から反時計回りに南端へ向かい、

各名所を堪能しながら東から港口、そして恒春を巡回。

 

墾丁に戻ってくると、既に4時近く。

前日に訪問した国家公園に向かう途中、

これまた誰もいない墾丁牧場放牧区に立ち寄りました。

 

大尖石山のふもとの牧場は、

のんびりしていて時が止まっているようです。

 

 

墾丁牧場放牧区

↓地図です。

 

 

 

 

墾丁国家公園の入り口の門をくぐり、ひたすら一本道を進みます。

 

 

 

 

国家公園で夕日を見るもの良かったのですが、

気になっていた墾丁牧場放牧区へ向かいました。

 

牧場の中には入れませんが、

ただただのんびりと牛たちを眺めているのもいいいものです。

 

 

 

 何にもないけどそれがいい墾丁牧場放牧区

観光スポットというよりは、

墾丁国家公園へ向かう途中の寄り道です。

 

周囲に何もなく、風の音しかしない静かな場所。

本当に何もありません。

 

 

 

ひたすら草を食べている家畜たち。

のんびりしていていいね。

 

毎日あせあせすることなく、

こんな風にのんびり暮らしていけたらいいのだけど。

 

 

 

家畜と鳥が一緒に仲良く遊んでいます。

花蓮の瑞穂牧場よりも、牛たちがのびのびしていて、

見ていると安心感があります。

 

 

 

気温は25度前後だったので、過ごしやすく温かいいい季節。

雨も少ない時期なので、そにゃほのぼのできます。

 

墾丁は海が見どころですが、

国家公園のように、山もまた大きなスポットです。

 

 

広大な牧場は、不安な事や嫌な事を忘れさせます。

台湾最南端ツーリングでは、少し寄り道をして、

墾丁牧場放牧区へ訪問する事をお薦めします。

 

 

 

 まとめ

今回は墾丁牧場放牧区を紹介しました。

国家公園へ向かう途中なので、

本当に何もありません。

 

国家公園へは歩くとかなりの距離があり、

歩いて向かう方の休憩スポットでもあります。

 

日陰はないので真夏はガンガン太陽です。

訪問するのなら、シーズンオフの1月がお薦めです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です