台湾最南端ツーリング救国団墾丁青年活動中心。王宮の雰囲気さながらの光景が美しい宿泊施設、救国団墾丁青年活動中心の泊まりたい。

墾丁で訪問しやすいスポットというと、

情人灘や青蛙石海洋公園。

 

初めての墾丁観光では、おそらく殆どの方が訪問する場所ですが、

それらに辿り着くまでに足を踏み入れる場所というと、

救国団墾丁青年活動中心。

 

宿泊施設とは思えない広大な王朝の雰囲気に、

思わずぐっと息を飲み込みます。

 

ああ、今度墾丁に行くときがあれば、

こんな場所に宿泊してみたいなあ。。

 

 

 

救国団墾丁青年活動中心

↓地図です。

情人灘や青蛙石海洋公園へ向かう時に、

必ず通過する場所です。

 

初めて足を踏み入れた時は、

「えっ!ここは宿泊施設なの?」とびっくり。

 

 

朝早く情人灘や青蛙石海洋公園へ向かったのですが、

思わず足を止めて、長居をしてしまいました。

 

だってさ、王朝って感じがして建物に見ごたえがあるんです。

雰囲気はこんな感じです。

 

伝統的な中華建築の家屋。

所々に広場があり、

晴天時は青と朱色のコントラストが鮮やか。

 

 

 

救国団墾丁青年活動中心はこんな感じ

とある建物の内部です。

リノベーション済ですが、雰囲気があって素敵。

キョンシーに出てきそう。

 

 

 

デザインがオシャレ。

日本ではない色使いが美しくて、

お茶とお菓子で談笑できたら楽しいだろうね。

 

花のようなデザインは中華系の雰囲気を漂わせます。

朱色と水色って、とても良くマッチするんですね。

 

 

 

中華系家屋だ立ち並びます。

ここに宿泊するって、どんな雰囲気なんだろう。

 

トイレは何となく予想つきますが、

夜は真っ暗ですよね。

 

若い時に好きな子と来たら、

我慢できないだろうな。

 

 

 

赤と青の門が綺麗。

 

 

 

ああ、何とも言えない鮮やかな光景。

しばらく見入ってしまいました。

 

夜はオレンジ色の光が灯るのでしょう。

綺麗だろうな。

 

 

通りすがりの香港人が写真を撮ってくれました。

オレが小さい!

トップ画にはできませんでしたが、

ここは写真撮影のスポットのようです。

 

 

 

宿泊施設なので、コインランドリーがあります。

 

 

 

家族連れで墾丁旅行は、圧倒的にリゾートホテル。

1人旅や若者なら、INNやモーテルが多いでしょうが、

伝統的な中華建築の施設に宿泊するのも楽しそう。

(トイレはきっと、、、ね。)

 

次回の渡航はいつになるのか見当もつきませんが、

墾丁に再訪したときには、ぜひ宿泊してみる予定です。

 

 まとめ

今回は、墾丁の宿泊施設、救国団墾丁青年活動中心を紹介しました。

伝統的な中華建築施設の宿泊は、なかなか経験できません。

 

青蛙石海洋公園もすぐ側なので、

立地的には素晴らしいですが、お店は全くありません。

 

ただ、夜はスッゴク綺麗だろうな。

 

INNやモーテルもいいですが、こういった施設に宿泊する事も、

きっといい思い出になります。

 

次回の墾丁訪問の宿泊場所は、ここに決まりです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です