墾丁観光グルメ青蛙石海洋遊憩公園。墾丁の海と岩礁を間近で味わえる青蛙石海洋遊憩公園。

墾丁の静かなスポット情人灘を通過すると、

有名なスポット青蛙石海洋遊憩公園。

 

墾丁の大通りからは、国家公園と並んで、

最も訪問しやすい場所の1つです。

 

ビーチのようにワイワイできる場所ではないので、

それ程多くの人はいないのかもしれません。

 

この時は2020年1月3日。

朝早くから誰もいない海を堪能していました。

 

 

青蛙石海洋遊憩公園 基本情報

↓地図です。

 

 

墾丁に初めて来たら、まず向かう場所は大湾、南湾、国家公園。

そしておそらくは、青蛙石海洋遊憩公園。

 

真夏は海の照り返しが熱いだろうな。。

 

海のスポットですが、岩に囲まれた公園は、

自然そのもので煌びやかな施設はありません。

 

 

どちらかと言えば、鵝鑾鼻公園と同様に、

軽いハイキングです。

 

青蛙石海洋遊憩公園

言うまでもなく海辺のスポット。

しかし賑やかなビーチと異なり、

岩で囲まれた岩礁のスポット。

 

 

ちょうどこの時経由してきた小琉球の美人洞や、

サンゴの岩礁を思い出しました。

 

自然が創り出す姿は非常に趣があります。

 

 

1人きりだったので、波音しかせず。。。

また、前日とは異なり、波が非常に穏やか。

 

 

サーっと引いていく波音と静けさで、

ちょっと怖いくらいの沈黙でした。

 

岩で釣りをしていた人もチラホラ。

釣りが好きな人にとっては、絶好の場所かもしれません。

 

 

朝日に照らされて輝く海は、墾丁ではお決まりの景観。

何度見でも、場所を変えても、思わずぐっと見つめてしまいます。

 

 

岩礁と海をひたすら歩く公園ですが、

子供はきっと岩の上で遊んで楽しむのでしょう。

 

透き通る海が目前だから、大人でもテンション上がります。

 

 

ビーチのような派手な場所ではないけれど、

静けさと自然を1人楽しむのなら、

こういう場所が断然おすすめです。

 

休憩する場所は岩の上です。

ひたすら歩くスポットなので、体力の消耗には注意です。

トイレはないので、事前に救国団墾丁青年活動中心で済ませましょう。

 

こんな岩の姿も、海がスポットの墾丁ならでは。

ずっと岩礁を歩いていると、海風が心地いい。

 

 

 

1月3日の気温25度前後の当時は、

初夏のような爽やかな気候。

 

墾丁は真夏が当然のシーズンですが、

オフの爽やかで静かな墾丁は最高にお薦めです。

 

 まとめ

今回は青蛙石海洋遊憩公園を紹介しました。

情人灘と同様、波音と風の静けさが魅力的なスポット。

 

真夏はそれなりに人が来るのかもしれません。

シーズンオフの静かな時に、1人でじっくり

景色を堪能する方が僕はお薦めです。

 

岩の上は意外と滑って危険なので、

岩礁での記念撮影は止めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です