春節の縁起物といえば月餅。サニーヒルズからパイナップル餡の月餅をお取り寄せ。

日本は関係ないけれど、中華圏では春節です。

昨年までは1月頭に縁起物の中華菓子を入手し、日本に持ち帰れましたが。。。

 

そんな折に、〇〇協同組合からボーナスのお知らせが!

そこでせっかくの春節の時期に合わせ、

パイナップルケーキの月餅をお取り寄せです。

 

 

 

 

 サニーヒルズから月餅をお取り寄せ

鳳梨酢も太陽餅も緑豆ケーキもタロイモケーキも食べれない。

そんな生活は僕は我慢できない。

 

台湾から取り寄せると、日本に到着する事には賞味期限切れに。。

そこで年末年始同様に、サニーヒルズジャパンを利用します。

 

定期的に季節限定の商品をオンラインで扱ってるサニーヒルズ。

12月はとっても好きな柚子リンゴケーキでした。

 

 

 

 

 

そして中華圏の春節といえば、

縁起物の月餅です。

サニーヒルズの月餅は、餡にパイナップルが使用された、

パイナップルケーキ好きにはたまらない一品。

 

9個入りで3,800円+送料800円は、

底辺税理士のにはあまりにも贅沢。。。

 

箱も賑やかな配色だけど品があって素敵!

 

 

 

 

 ニューイヤーケーキはこんな感じです

パイナップルの姿の月餅です。

小ぶりな月餅ですが、精巧なトゲトゲが可愛い。

 

そういえば、日の出の花形の月餅(フローラルケーキ)も、

美しくカラフルな姿でした。

 

 

 

 

中の餡は小豆ではなく、真っ黄色!

しっかりと酸味とパイナップルの繊維は残されたパイナップル餡。

 

甘すぎない酸っぱすぎないパイナップル餡は、

月餅と言えどもパイナップルケーキそのもの。

 

 

 

パイナップル餡の周囲は、豆が使用された餡で囲まれています。

しかし、まるで栗餡のようで、

パイナップル餡のかの子を食べているよう。

 

これはもはやパイナップルケーキでもなく、

月餅でもなく、全く新しいデザート。

 

 

 

 

きらきらした黄色の餡を見ると落ち着きます。

中華菓子には、台東名産の蜜香紅茶と紅烏龍がよく合います。

 

日本で購入すると、そこそこの高いお値段ですが、

還付される源泉所得税税額を当てにして、

今後もパイナップルケーキをお取り寄せする所存です。

 

 まとめ

サニーヒルズの月餅は、パイナップル餡のかの子のような感じで、

全く新しいお菓子です。

 

パイナップルケーキとは全く異なるりますが、

中華菓子が好きな方には、パインのねっとり感が溜まらない一品です。

 

やや割高ですが、外出を控えて節約になっているのであれば、

少しは贅沢をしてもいいかもしれません。

 

源泉所得税が還付されたら、少しだけワンサカワンサカ買ってしまおう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です