恒春に泊るなら夏米民宿。1人旅では贅沢過ぎる快適な空間を探すなら夏米民宿がお薦め。

墾丁の一歩手前の恒春は、

非常に素晴らしい観光スポットが満載。

 

今まで恒春へ訪問したのは4,5回程。

僕はむしろ墾丁よりも、恒春の方が台湾観光に適していると感じます。

 

そんな恒春を1人快適の過ごすのなら、宿も大切。

 

恒春で最高の宿というと、

家族経営の民宿、夏米民宿です。

 

 

 

夏米民宿 基本情報

住所は屏東縣恆春鎮西門路28號。

西門にほど近い場所にどっしり佇みます。

 

 

↓地図です。

 

 

コンビニやコインランドリー、飲食店も近い。

そしてあの有名な恒春観光夜市も。

 

僕はたまたま運よく、恒春夜市の開催日に宿泊していました。

 

恒春夜市は台湾の中でも一番おすすめ。

こぢんまりとした恒春だからこそ、

適度な賑やかさが、ゴミゴミした夜市が嫌いな僕でも魅了されました。

 

小規模といっても、かなりどっしりとした店が多いですが。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏米民宿 お部屋の様子

グーグルマップで調べれば、

宿の場所を迷う事はありません。

 

僕は1人部屋でしたが、ホテルよりも広く感じます。

 

 

 

温かみのある壁紙や、自分の部屋のような装飾は、

非常にリラックス効果が高いと感じました。

 

INNやモーテルは、しばしばそんな感じなので、

だからホテルよりも癒されるのかなと。。。

 

ドアをくぐると荷物スペースが確保されており、

キャリーバッグや小物を置くことが出来て嬉しい。

 

 

ベッドもフカフカで大き目。

あまり体が大きくない僕には、

デカすぎる贅沢な別途です。

 

 

部屋全体のスペースは広くないのかもしれませんが、

天井が比較的高い事などにより、1人ではかなり快適な広さ。

 

 

逆に広すぎる部屋に宿泊すると、

1人では不便だったり無駄に感じる事もあります。

 

このくらいのスペースが、1人旅には最適であり、

本当に快適な恒春の宿泊でした。

 

若い夫婦家族が経営されているようです。

若い兄ちゃんは、威勢よく上半身裸で迎えてくれました。

 

台湾らしくて好きな姿だなあと。

まあ南部は12月末や1月でも25℃ですからね。

 

昼時に立ち寄ってみると、

子供と奥さんと家族でご飯を食べながらニーハオと。

 

旅行中、子供や家族と生活しながら仕事をする風景は良く目にします。

日本ではそんな事したら揶揄されますが、

素敵な台湾の姿は、変わらずにいて欲しいと願います。

 

この時は3日間宿泊して10,000円程度。

2019年12月末だったのでシーズンオフ。

 

夏場はもっと高いのかもしれません。

 

ちなみにお兄さんは英語と中国を織り交ぜてきますが、

頑張って聞き取りましょう。

英語は非常に効きやすいので、中学リスニングで十分です。

 

 まとめ

今回は恒春の宿、夏米民宿を紹介しました。

フレンドリーな対応が素敵で親も素敵。

 

温かみがあるグリーンの壁は、

かなりリラックスでき、満足の3泊でした。

 

僕がバイクを借りたいというと、

お兄さんは一生懸命。

恒春の1人旅では、夏米民宿がオススメデス。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です