滋賀の名店 in 安土 そば処さわえ庵。安土で織田信長と共に王道蕎麦ランチ。

仕事で安土駅に降り立つと、ちょうど12時。

お腹が空きましたが、周囲に飲食店は皆無です。

 

しかし1店舗だけ、織田信長の後ろに佇むお蕎麦屋さんが。

びくびくしながらお蕎麦屋さんに入ります。

 

お店の名前はそば処さわえ庵。

 

サイクリング途中に近くまで来たら、

また立ち寄ってみようと思う良いお店です。

 

 

そば処さわえ庵 基本情報

住所は近江八幡市安土町上豊浦1334−1−101。

安土駅に降りるのは初めてです。

 

 

 

ロードバイクで西の湖や安土城跡までよく行きますが、

駅前って殺風景で、想像していた場所とは。。。

 

しかし、草津や守山と比べて、すっきりしていて静かでいいかも。

 

織田さんの像が印象的で、

写真をとっている方がちらほら。

 

 

店内の写真はありませんが、

こぢんまりとしていて良い雰囲気です。

 

カウンター席でコロナ対策も施されています。

 お品

メニューは入り口にありますが、

写真を撮り忘れました。

 

本当はこれも食べたかったんです。

僕は鮒ずしが大好き。

 

 

 

まだ静岡にいたとき、今の嫁さんに会いに滋賀へ来たとき、

初めてその味を経験しました。

 

台湾の臭豆腐よりもマイルドな香り。

好き嫌いがあると聞きますが、大変上品な料理。

 

日常食べる事はありませんが、

飲食店のメニューにあると、ついついオーダーしますが、

仕事の待ち合わせなので、今回はスルー。

 

いただいたのは、近江牛のおそば(冷)です。

完璧な姿。

蕎麦は余計な付け足しは不要。

こういうのが食べたいんですよ。

 

 

つやっつやのお蕎麦は香りが高く、

わさびとの相性は抜群です。

 

わさびはつゆに溶くのではなく、

おそばに直接つけていただきます。

 

まずはつゆは使用せず、お蕎麦をそのまま。

コシがあっていうことなし。

お蕎麦は言う事なしの絶品です。

 

 

お蕎麦屋さんのつゆは、必ず少し濃いめのおつゆです。

しかし、わさびを付けると、程よい加減に変化します。

 

近江牛は少し甘めに味付けされており、

引き締まったお肉が美味しい。

 

 

ハリコシがあるお蕎麦とよく合います。

僕は蕎麦のトッピングと言うと、

てんぷらよりもお肉系なので、好みとマッチして美味。

 

お蕎麦を食べたい!という時は、

王道のお蕎麦をいただくことがベターです。

 

おつゆは蕎麦湯と一緒に全ていただきましょう。

 

無事お仕事が成約し、安土に再度訪問する機会があれば、

まだ再訪してみよう。

 

 まとめ

今回はそば処さわえ庵を投稿しました。

ランチとしては満足度が高く、コシがある香り高いお蕎麦です。

 

鮒ずしがあるので、次回はぜひいただきたい所。

 

周辺は飲食店がないので、駅前でランチ等をするのなら、

こちらのお店が一択です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です