京都の名店spice curry&dinig Cumin’s。甘くてガッツリスパイス香る牛すじカレーは最高。

カレーといえば京都。京都といえばカレー。

京都国際マンガミュージアムのランチと言えばカレー。

 

京都って、スパイスカレーが美味しいお店がひしめきます。

今回は久々にspice curry&dinig Cumin’sに訪問。

 

漫画ミュージアムから10分程度の距離なので、

お昼はここのカレーがお薦めです。

 

 

spice curry&dinig Cumin’s 基本情報

住所は京都市中京区木之下町299, Coto Glance, 2F 。

オフィスが多いから、飲食店も充実しています。

 

開店は11時30分から。

ロトの紋章を6巻の途中まで読んで一旦中断。

(ポロンの覚醒が泣ける。。)

 

漫画ミュージアムからお店に走ります。

 

 

 

2階へ上る階段にメニューが。一発でメニューは決まります。

 

ここはキーマと牛すじのあいがけでしょ。

大盛にしたいけど、この後夜もカレーをいただく予定だったので、

ここは抑えておきます。

 

 

 実食

キーマと牛すじのあいがけです。

運ばれてきて、かなりのスパイスの香りが。。

 

カレーを食う時は、匂いが服に付着します。

しゃれた服でカレー屋に行く事は禁物。

 

完璧な姿は言葉にならない。

京都と言えば、北野天満宮の粟餅所しか興味がありませんでした。

お寺とか興味ない。

 

しかし、数年前に京都のカレーの美味しさに取りつかれ、

以来、京都に行くときは必ずカレーを食います。

 

なんたる光景。。。

 

 

 

スパイスのうんちくなんて必要なし。

旨いものは旨いから、多くは投稿しません。

 

キーマ部分です。

辛さはそこまで強くありませんが、

スパイスの効果がかなり強く、鼻水が凄い。

 

綺麗なカレーは間違いなし。

 

 

 

牛すじ部分です。

こちらはやや甘めですが、

ガッツリとしたスパイスが香ります。

 

一度スプーンを口に運ぶと、もう止まりません。

 

 

 

枝豆が非常に存在感がある事に驚きました。

豆は今までそれ程重要していませんでしたが、

色もカレーにマッチして、カレーとよく絡みます。

 

 

 

 

牛すじ部分は大豆です。

色のアクセントが完璧で、1つの作品のようです。

 

カレーにはひよこ豆などが使われますが、

日本人には大豆と枝豆(同じですが。。)の方がマッチします。

 

芳醇なカレーのスパイスは周辺の具材を巻き込み、

あいがけであっても1つに調和します。

 

 

 

 

やっぱりここのカレーも美味しい。

ガツンとしたスパイスが感じられますが、

辛い!というほどではありません。

 

辛いものが苦手な方でも、胃もたれ等を起こしません。

完璧な美しさのスパイスカレーを求めるのなら、

spice curry&dinig Cumin’sがお薦めです

 

 まとめ

今回はspice curry&dinig Cumin’sを紹介しました。

そこまでの辛さはないので、初心者にもお薦めです。

 

カレーが運ばれてきたら、その美しさに驚きます。

漫画ミュージアムに来たら、spice curry&dinig Cumin’sで

カレーランチがお薦めです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です