滋賀の名店 近江八幡ティースペース茶楽。八幡堀でカラフルなヘルシーランチは茶楽で味わえる。

以前、ロードバイクで八幡堀を通った時、

民家に現れたカフェをが気になってました。

 

平日しかオープンしていないカフェ。

春の晴れた日に1人訪問。

 

元酒蔵を改修したティースペース茶楽は、

女性に非常に人気があるカフェのようです。

 

 

 

 

 

ティースペース茶楽 基本情報

住所は近江八幡市佐久間町17−1。

ロードバイクで走行中、えっ?なぜここに?

と気になっており、ようやく訪問です。

 

 

 

 

八幡堀をのんびり歩いていると到着。

 

人気がある施設からは離れますが、

気になる程ではありません。

 

近江八幡図書館から程近い距離です。

僕は11時半の開店と同時に入店。

 

密を避け、食事は黙って食いましょう。

 

店内は木製中心です。

居心地が良く、ゆったりとしたスペースです。

 

男一人でしたが、店員さんはとっても優しい。

光りの差し込み具合が最高です。

 

 

 

元酒蔵ということもあって、天井が広い。

僕の実家の畳屋も、仕事場はこんな感じでした。

なんだかとっても懐かしい。

 

 

雰囲気があっていい感じです。

12時を超える平日ですが、混み合ってきました。

奥様方が中心のようでした。

 

 

 オーダー

オーダーは今週のランチと、デザートとドリンクのセット。

今週は鶏のトマト煮込みランチです。

 

滋賀県のカフェの素晴らしい所は、

器に気を配っているカフェが多い。

地元の静岡よりも、圧倒的に器が素晴らしい。

鮮やかなプレートは、食事を楽しくさせます。

 

 

鶏肉が意外にガッツリ入っています。

アッサリとした味ですが、

トマトの煮汁が凄く美味しい。

 

スプーンがなかったので、

煮汁はすすって飲み干しました。

 

塩加減等は最小限。

優しいほんのりとした鶏の味わい。

 

 

 

キッシュはプリっとした卵の食感がします。

 

意外と塩味が強いキッシュが多いのですが、

卵と野菜の味がしっかりとしたキッシュです。

 

ご飯のおかずでも十分。

キッシュって、自分では作れないので、

ランチプレートにいただけると嬉しい。

 

 

 

ナムルとお野菜。お野菜もたっぷり。

ご飯が進む何とも言えない旨いナムル。

 

野菜独特の味を妨げない為に、

ドレッシングも最小限で、淡いフレンチドレッシング。

 

ナムルは平たい麺を使用しており、

野菜にオイルが適度に絡みます。

 

 

 

黒米も忘れずにプレートと一緒にいただきます。

本来の食べ方ではありませんが、

キッシュ、ナムルと一緒にいただくと最高。

 

キッシュって、ご飯とよく合います。

今まで気付きませんでした。

 

 

 

デザートはチャイと甘夏のタルト。

チャイのスパイシー加減が神業的に良い。

 

今まで生きてきた中で、最上級のチャイ。

しっとりタルトは、食後のデザートに最適。

茶色の器がまた美しいです。

 

 

 

 

平日のみの営業ですが、

近江八幡まで足を延ばす価値あるお店です。

 

平日のサイクリング途中に立ち寄っても、

いいかもしれません。

 

 まとめ

近江八幡は、なかなか食事には難しい場所。

しかし、直感は間違いなかった。

 

素敵なお店でした。

お野菜もメインも美味しく、何よりチャイが素晴らしい。

器も美しくてぬかりない。

 

近江八幡のランチでは、ティースペース茶楽がお薦めです。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です