滋賀の名店 in 米原 おたべ。醒ケ井でいただく琵琶湖名物の虹鱒の親子丼がさっぱり引き締まって美味しい。

琵琶湖の名物と言えば虹鱒。

子供の時に、富山の鱒寿司を食べた感動を思い出し、

遂にいただくことができました。

(草津や守山、大津では鱒のお店はないのですね。。)

 

お店の名前はおたべ。

今日はオフのため、1人で醒ケ井へ。

醒ケ井もサイクリングで走ってみたい場所です。

 

 

 

 おたべ 基本情報

住所は滋賀県米原市枝折233−4。

滋賀県の方はみんな知っているんでしょう。

 

ああ、いいですね。醒ケ井。

ここはサイクリングでも最適。

米原も素敵な場所ですね。

 

 

 

今日歩いているのは僕くらいでしたが、

大人数でわいわいするのは止めましょう。

 

 

 

こんな美しい場所があるなんて。。

地域の方がずっと守ってきたものだから、

部外者がワイワイ観光するのはよくないですね。

 

おたべさんの店内です。

お店はこぢんまりとしています。

 

 

フリーランスは時間の自由が利きます。

平日に開店と同時に入店しましょう。

 

 オーダー

ランチメニューです。

迷う!

鱒の寿司どんぶりが食いたいけれど、

甘露煮と塩焼きのセットも食いたい。。。

 

姿寿司って何だ!

ああ、せっかくだから食ってしまおうか。

 

 

 

ランチ以外のメニューもオーダーしたかったのですが、

ワガママ言ってはいけないよね。

 

 

虹鱒の親子丼です。

親子丼といっても、卵とじではありません。

 

 

寿司飯と虹鱒とその魚卵です。

キラキラしていて綺麗。

 

おお!これは旨い。

虹鱒と鮭の相違点はよくわかりませんが、

虹鱒の方が脂が少なく引き締まっています。

 

 

僕は脂がのったトロやサーモンよりも、

赤身の方が好きなので、自分の好みにマッチ。

 

トロより赤身が好きな人は絶対に好みの味です。

特有の風味がありますが、それが美味しい。

(わさび醤油でいただきます。)

 

 

魚卵もかなり噛み応えがある弾力が。。。

海ぶどうのでっかいバージョンです。

 

いくらよりは小粒ですが、弾力が凄まじい。

ええ、とても美味しい。

 

本当は甘露煮や塩焼きも食べたかったけれど、

ここは断念しておきました。

 

お味噌汁も鱒の切り身が投入されていて、

よいダシが出ています。

文句なしの1品です。

 

 

米原から醒ケ井は一駅。

また絶対に行こう。

 

 まとめ

遂に念願の虹鱒を食すことができました。

僕は鱒の独特の風味や味わいが美味く感じました。

 

脂分が少なく、引き締まった身が本当に美味しい。

甘露煮が人気のようですが、

通信販売で購入しようと思います。

 

醒ケ井は美しい場所だから、

テイクアウトして、河原でいただいてもいいかもしれません。

 

虹鱒をいただくのなら、

おたべがおすすめです。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です