嫁さんの40,000円の高級ドライヤーが最高!オッサンも高級ドライヤーを使うべき。

先日ドライヤーを使用していた所、

ゴーン、ゴーン、と動作が不安定に。

 

ドライヤーの方向を変化させると作動する為、

おそらくは導線の問題かもしれません。

 

そこで嫁さんが使っている高級ドライヤーを無断で使用。

それ以来、僕は高級ドライヤーの虜になっています。

 

 

 ソニーの高級ドライヤー

昨年嫁さんは、僕に無断で40,000円のドライヤーを購入。

 

嫁さん固有の所得で購入したので、

僕が文句をいう余地は全くないのですが。。。

ドライヤーに40,000円?

ええ、僕はにわかに信じられませんでした。

 

そんな消耗費に40,000円だなんて。。。

お前だって自転車2台も買ったじゃないか!

と反論されたら、何も言えないのですが。。

 

従来のドライヤーと異なり、

一体どこから風が発生しているのか不明。

 

僕はドライヤーに全く興味がなかったので、

今まで見向きもしませんでした。

 

しかし、使用していたものが調子が悪くなってしまい。

 

そこで無断で使ったところ、

高級ドライヤーはさすがに高級なだけありました。

 

 熱はマイルド、風は強風

高級ドライヤーは、熱が非常にマイルド。

調節可能ですが、基本設定は非常にマイルド温風。

(だから衣類の乾燥目的の使用には向きません。)

 

しかし、風が非常に強風です。

円い部分から、強烈なマイルド温風が発生しています。

 

 

 

だから短髪ならサクっと乾きます。

猛烈な風は、紙がフンワリと仕上がります。

そしてマイルド温風は髪を傷めない。

 

なるほど、熱で乾燥させるのではなく、

あくまでも風で乾燥させるんですね。

 

これには僕も納得でした。

 

風量調節や温度調節も可能。

また、均等に髪に大量のマイルド温風が当たる為、

さらっと素早く乾きます。

 

髪が長い女性なら、40,000円の投資は非常に意義があると思います。

ええ、高級ドライヤーにはハッキリとした価値があります。

 

 高級ドライヤーは極力髪を傷めない

髪を傷めないで乾燥させるという点は、

高級ドライヤーらしい自己啓発野郎です。

 

実は4月に10年ぶりに髪を染めました。

 

若い時のような明るい色のヘアカラーやブリーチではなく、

白髪隠し目的のヘアカラー&ヘアマニュキアの為、

薄っすら軽い色程度ですが。。。

 

髪を染めるとなると、気になるのがその痛み。

 

高級ドライヤーを使うようになってから、

髪がさらっとふわっとピシっとなります。

 

若い時にブリーチをした後、ある程度時間が経過すると、

ドライヤー後、傷んだ髪がキシキシになる事も多く。

 

ヘアカラーも重ねていくと、ドライヤー後、

その痛みがはっきりと表れます。

 

しかし高級ドライヤーはマイルド温風なので、

熱による髪の痛みも気になりません。

 

40,000円の投資には大きな価値があります。

今使用しているドライヤーが動かなくなったら、

高級ドライヤーを買った方がベターです。

 

 まとめ

高級ドライヤーの使用許可を得たのですが、

22,000円かけて自転車のタイヤ交換するならさ、

ドライヤー買えよ!と嫁さんが嫌味を言ってきます。

 

僕もドライヤーは自分専用が良かったのです。

その方が気兼ねなく使えるし。

 

しかし、某団体から会費だの支部会費だの払えというお知らせが。。。

(一括払いをしぶり、分納しています。)

 

税理士会費が超過累進税率だったら、

僕はドライヤーを購入していたのかもしれません。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です