不器用でいい。オールマイティに立ち振る舞う必要はない。

生まれや育ちが滋賀県の方と県内の事について話していると、

みんな決まって、「滋賀県は観光振興が下手くそ。」

とそろえて口にします。

 

僕は滋賀県が非常に好きですが、

ロードバイク以外で県内を楽しむ時は、

この県の観光誘致って誰が考えているんだろう?

と、疑問に感じたことがあります。

 

しかし、大阪、京都、奈良のように器用じゃなくもいいじゃない。

うまく立ち振る舞うよりも、不器用で下手であってもいいと思います。

 

 

 滋賀県は観光誘致が下手だと言われる

長浜や近江八幡の昔ながらの街並みは、

非常にきれいに整備され、外観が保たれています。

 

ゆっくり歩いていると目に入るのが、

所々に設置された通りの名称に由来や歴史です。

 

非常に地味に映りますが、海外へ行った時って、

こういうものが意外に興味深かったりもします。

 

僕は滋賀県の人間ではないので、

通りの由来や歴史を目にすると、

「なるほど。」と勉強になる事が多く。

 

 

初めて近江八幡に行った時も同様でした。

 

整然と整備された町な理由、通りの名称の由来が、

所々に説明書きされていました。

 

長浜はわざわざステンドグラスでおしゃれに。

工夫されているんですよね。

 

地域ごとのこういう物って、

僕は凄くいいなあと思います。

 

 

 

でも非常に地味過ぎて、あまり気にかける人もいなく。。

 

何となく、観光振興が下手だなあと。

せっかく工夫が凝らされたいいものが沢山あるだから、

もっと首尾よく活用すればいいのに。。。

 

と思いましたが、今はそう思いません。

 

うまく器用である必要なんて全くありませんでした。

 

気が付く人は気が付くし、

良いと思う人は、どんな形であれ良さに気付きます。

 

ユニバーサルである必要はなく、

下手で不器用でもいいと思っています。

 

 器用な人間っていいな?

約14年間会社員生活で知った事は、

不器用な人間よりも、

器用でうまく立ち振る舞う人間の方が好まれる事です。

 

少しとげがある言い方をすると、

クローズドや限定的な人間より、

誰にでもオールマイティの方が、断然受けはいいです。

 

開業して2年が経ちますが、

それは独立後も同様かもしれません。

 

オープンでオールマイティな人の方が、

当たり障りない印象があるようです。

 

ただ、僕は前者の方が圧倒的に好きです。

 

近江八幡や長浜、米原は、観光振興は不器用ですが、

独特の良さがあり、何度でも訪問したくなります。

 

不器用で下手なくらいの方が深みを知るには丁度良く、

じっくり溶け合うには、むしろ不器用なくらいの方がいい。

 

器用に関わり合うことだけが、

魅力的なわけではないと実感しています。

 

 不器用で結構

今年になり、4回連続で顧問契約を落としましたが、

その1つの理由は、僕が器用に振舞えなかったからです。

(本当はもっと他に理由はあるでしょうが)

 

不器用=臨機応変に対応できないと変換されるのかもしれません。

 

しかし、万人に共通のオールマイティであるのなら、

不器用なくらいの方がいいです。

 

滋賀県が京都や奈良みたいになったら、

つまらないでしょ。

 

合う合わない、縁があったなかったという、

巡り合わせもありますが、

不器用でも良いとしてくれた人の為に頑張ってみようと。

 

2カ月間、就職情報誌を悶々と閲覧していましたが、

必ずしも器用が良い。と思う人ばかりではないと、

近江八幡や米原、長浜の姿をみて実感しています。

 

 まとめ

今日は曇りだったので写真撮影が中止に。

予定が空いたので、米原と長浜へ1人で。

 

米原って深くて難解です。

 

静岡にいた時は米原って

通過するだけだったけど奥が深い。

 

これがガンガンオープンだったら、

その良さに気付かなかったでしょう。

 

器用に振舞うことだけが、いいわけではないのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です