ロードバイクの日焼け止め失念に伴う耐え難い痛み。UV対策は忘れてさあ大変。

サイクリングをしていると、

夏場の日焼け対策が気になります。

走行していると、UV対策は概ねこんな感じです。

 

何もしていない人

夏場でも腕や脚を日光にさらさない人

目からしたの顔を覆っている人

サングラスをかける人

日焼け止めを塗る人

 

僕は7時間から8時間走行するので、日焼け派は必須。

しかし先週は、なぜか腕に日焼け止め散布を忘れ、

この1週間、耐え難い痛みを味わいました。

 

 

昨日はしっかり塗ってきました

 

 日焼け止め失念による痛み

ガンガン台湾旅行をしていた時も、

僕は日焼けを塗る事はしませんでした。

だってさ、めんどくせーじゃん。

 

スキンケアは中学生の頃の今は亡きオードブランから

化粧水と乳液だけです。

 

しかし旅行と異なり、朝から夕方まで常に日光を浴びていると。。

38歳のオッサンの僕の肌は20代の時と異なり、

確実に経年劣化している事実に気付きました。

 

先週が腕に日焼け止め散布を忘れ、

こんな風になってしまい、耐え難い痛みが。。。

 

 

日焼けした晩は腕が熱い!

腕だけが熱をもっている。

 

そして翌日からは腕が痛い!

ヒリヒリではなく痛い。

パソコンを打つ時のキーボードの刺激が痛い。

 

7時間程度ロードバイクに乗るのなら、

UV対策しないと僕のようになります。

 

 皮が剥がれて顔に当たる

日焼けをしてから一週間後の昨日、

走行中から皮がぼろぼろはじけてきました。

 

そしてかゆい!

 

学生の時に海でおねーさんをナンパした時も、

こんな風な日焼け後にならなかったような。。。

 

やっぱり、若い時と38歳ではお肌が異なるのですね。

 

昨日は風がないので、ロードバイクもスピードが出ます。

はがれれた皮が、パシパシ顔に当たるのです。

 

顔は日焼けを塗っているので、

その油分で顔についた皮がはがれません。

 

皮がはがれても、見栄えが悪くてさあ大変。

これではお客様の元へ行けません。

(今日これで会ったけどさ。。。)

 

顔じゃなくて良かった。。。

そしてロードバイクの日焼け対策を考えています。

 

 日焼け止めクリームを持参しよう

湖岸沿いを走行していると、

顔は目から下を覆っている方を目にします。

 

日焼けを塗っているかはわかりませんが、

コロナ対策としてもいのかもしれません。

 

でも暑そうだから、長時間はキツイ。。。

せっかくの夏なんだから、薄着で爽快に走りたい!

 

ベテランの方は、しっかり日焼け止めクリームを

まんべんなく散布しているんですって。

持参して、走行途中に塗り直しなさいだそうです。

 

この1週間、袖が腕に触れるだけで苦痛でした。

長時間ロードバイクの乗る時は、

日焼け止めの失念は避けましょう。

 

 まとめ

あと5か月で僕も39歳。

確実に体の衰えを感じます。

 

しかし、130キロから140キロ程度であれば、

走行後の頭痛をしなくなりました。

 

ちょっと山道がキツイけれど、今後はロードバイクで

こんぜの里、信楽、朝宮へ行く予定です。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です