嗚呼、独立開業して良かった!と思う瞬間。

昨日は朝方、守山でささっと仕事を済ませ、

10時から電車で近江八幡へ。

駅から八幡堀まで徒歩25分。

 

日曜日の夜に突然、

ああ!Going Nuts!が食べたい!

三松さんでランチしたい!という衝動が。。。

 

即座に(娯楽)行動に移す事ができる時、

嗚呼!独立開業して良かった!と実感します。

 

近江八幡といえば、Going Nuts!

 

 近江八幡は素敵な場所

近江八幡の古い町並みへ行くのは3回目。

 

土日に訪問した事はないので、

休日の姿はわかりません。

 

ただ、僕が訪問する平日は、あまり人はいません。

 

平日でも八幡堀はそこそこ人がいますが、

それでも大きな混み具合はなく。

 

1人でゆったりしていると、ランチでお店を利用した際、

お店の方としばしば雑談をします。

(近江八幡のお店の方は、本当に気さくな方が多い。)

 

こんな素晴らしい町案内が、手書きで描かれています。

裏面は英語です。

 

 

八幡のゲストハウスの店主が手書きで作成して、

いろいろなお店に配ったんですって。

 

ゲストハウスは予約があまりなく、

大変極まりない状況です。

それでも町全体でみんなで頑張ろうと。。

 

お客さんが来ないという絶望感は、

第3者に依存せず、真にゼロからの出発でなければ、

わからなかったことでしょう。

 

会社員の立場では、どう考えてわかるはずがありません。

やっぱり独立して良かったなあと思います。

 

 ようやく居心地がいいお店が見つかる

滋賀県へ転居して2年。

 

馴染みの店や親しんだ店がなく、

当初は本当に楽しみがありませんでした。

 

気兼ねなく訪問するお店や飲食店での会話って、

日常生活で非常に重要だったのですね。

 

平日に長浜や米原、近江八幡へフラリと出かけるようになり、

居心地が良いと思えるお店が見つかりました。

 

明日は晴れるから出かけよう。

ああ!これが食べたい!

と思ったその時に行動に移せる事は、

会社員だったら絶対にできないことでした。

 

今日は(も)遊んでしまおう!

ええ、今の僕の顧客数だからできる事です。

 

三松さんの絶品ランチ。

Going Nutsも後日、滋賀の名店で投稿します。

 

京都のおばんさいよりも格段に凄いぞ。

予定変更自由自在はフリーランスだから

そういえば、僕も昨年の年初の台湾旅行以降、

旅行をしていません。

 

嫁さんと一緒に外出したのは、

昨年6月、7月と今年1月の宇治、志摩へ4度だけ。

内3度は、僕の税理士業のついでです。

 

いわゆる会食は、同業の方と打ち合わせが3回。

それ以外の外出は、常に平日に1人です。

 

僕は外出するなら平日の混み合わない時。

電車に乗るなら9時から15時半までの間。

 

外食時は1人喋らず黙って食う。

ランチは開店と同時に入る。と決めています。

 

ロードバイクも1人でしか乗りません。

 

しかし、それでも不要不急な行動は自粛すべきだ。

という意見をいただいた事もあります。

 

とにかく絶対に外出するな!という方もいますし、

1人で混み合わない時に外出する人もいますし、

感染症対策をバッチリして外出という人も。

 

正解は立場により異なり、どれも正解なのでしょう。

 

ただし、1人で平日の空いている時に出かけよう!

という事は、フリーランスだからこそ可能です。

 

会社員でしたら、必然的に土日しかありません。

予定変更が自由自在は何とも心地よく、

独立して良かったと思う瞬間です。

 

 まとめ

近江八幡の雰囲気が良いゲストハウス。

どうにか頑張って欲しいと願います。

ロードバイクを携えて、必ず利用する予定です。

 

そしてGoing Nuts!でナッツバターを6000円分も購入してしまい、

嫁さんに怒られしまいました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です