炎天下の中、ロードバイク走行中に熱中症になってさあ大変!

昨日の水曜日は絶好のサイクリング日和。

 

寝坊してしまった為、出発が8時になってしまい、

長浜公園までしか行けませんでしたが、

真っ青な青空の下、気分爽快!

 

のはずが帰りの途中、彦根付近でペダルをこぐ力が入らない。。。

気温30度の中、軽い熱中症に陥ってしまいました。

 

米原 磯 鳥帽子岩

 異変は昼食後から。。。

11時45分に長浜公園に到着。

 

この時間になってしまうと、

ここでランチして引き返すしかありません。

(湖北水上公園と野鳥センターには行けず。。)

 

昼食をとってゆっくりしていると、

何だか寒気を感じます。

 

おかしいな。汗がダラダラになる程ではありませんが、

そこそこ暑かったのに、日陰に風に吹かれていると寒い。

 

まあ、気のせいかしらね。

と思い、ハンバーガー2つとあんぱんをガッツリいただき、

草津へ再び自転車を走らせました。

 

もうその時は、既に軽い脱水症状だったのかもしれません。

往路だけで600ミリのペットボトルを3本飲んだのに。。

 

行きは田んぼを通過した為、帰りは湖岸沿いを走行。

ええ、風に吹かれながらの琵琶湖は気持ちいい。

 

スイスイっと4時には帰宅するはずだったのですが、

帰りの彦根付近で、脚が動かなくなりました。

 

何だか頭も痛いし寒いしだるい。

子供の時に野球をしていて経験した、

日射病のような感覚でした。

 

 熱中症になってさあ大変。

自転車をこげなくなったのは、ちょうど彦根城を少し通過した付近。

ええ、草津までまだまだ、約2時間半はかかります。

 

流石に彦根からは歩いて帰れない。

 

行きにガバガバ飲みものを飲んだことや、

まだ暑さになれていないくそ暑い日だったからでしょう。

 

あの頭がガンガンする症状が止まりません。

そういえば、朝7時からガンガン日光を浴びていました。

 

3年前に台湾の台東鹿野に行った時も、

2時間サイクリングをしていたら、

熱中症になり動けなくなったことを忘却していました。

 

真夏のサイクリングって、長時間は危険です。

 

ポカリスエットを飲みながら、

彦根の庄堺公園のバラ園で1時間少々休憩。

運よく30分程で体調が回復してきました。

 

 

 

バラを見ながら1時間ぐったり。。。

結局自宅に着いたのは5時半になってしまいました。

 

実は午前中から、何だか頭が痛いように気がしていました。

ガバガバ水を飲んで、調査済のトイレポイントに行き。

そして直射日光をサンサンと浴びてロードバイクを走らせる。

 

非常によくないサイクリングの仕方でした。

 

真夏の炎天下の下、長時間のロードバイクは、

それなりに対策が必要のようです。

 

この夏は余呉湖でサイクリングをする予定なので、

熱中症対策を万全にしていく所存です。

 

 まとめ

無事に帰れて良かったと、一安心。

信楽の山の中じゃなくて良かった。。

 

一晩経った今日は、腕が筋肉痛だったり体が重く。。

1人で真夏の炎天下、ロードバイクを乗る場合は、

熱中症の対策を万全にしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です