市販薬で良くならない。通院VS市販薬なら通院がベター。

先週末から目に異変が。。

ああ、ものもらいかしら??と思い抗菌目薬を購入。

しかし、ちっとも改善しないどころか、ますます悪化に。。。

 

そして月曜日に一日ロードバイクに乗っていたら、

汗等がよくなかったのか、更に腫れていきました。

帰宅後、即座に眼科に行くとみるみる改善。

 

何でもすぐに医者へ行くなと言われますが、

ドラッグストアで薬を購入 << 病院へ行く方が圧倒的に経済的です。

 

 

 ドラッグストアで一通り薬は揃う

今のドラッグストアは規模が大きな店へ行くと、

必要なトラブルが生じた際の薬はほぼ購入できます。

 

ロキソニンをはじめとした鎮痛剤。

テライマイシン等の抗生物質。

 

リンデロン等のステロイド剤。

ペパリン類似成分配合の皮膚薬。

 

学生の時は医師の処方がないと購入できなかった薬も、

今は気軽に購入することが可能です。

(リンデロンは泌尿器科でお世話になりました。。。。)

 

しかし、ロキソニンは別として、

使用していてなかなか効果が無く、

医者へ行ったらすぐ良くなったということもしばしば。

 

安易に即座に医者へ行くことは、あまり良くないと言われます。

ただ、病院へ行った方が薬も適切で効きもよく、

金銭的にも時間的にも負担が少なく済みます。

 

時間的金銭的にも通院がベスト

ドラッグストアで購入した抗菌薬は1000円。

眼科で診療費+処方薬剤合計は2000円。

 

僕は目をこする癖があり、よくものもらいを患います。

特にロードバイクに乗るようになってから、

何度かものもらいを繰り返します。

(必ず右目に出現。。。)

 

今回は、ちょっと大きめの腫れにビビリ、

早くから抗菌薬をさしましたが、よくなりませんでした。

 

眼科で処方された2種の目薬と軟膏により、

化膿した後、腫れも静まり、かなり落ち着いてきました。

 

1000円の差であったのなら、最初から医者へ行った方が、

時間的金銭的にもベストでした。

 

 市販薬か通院か

医者へ行く事を躊躇う人も沢山います。

 

コロナに関わらず、社会医療費削減のため、

大病院へ行かない、

かかりつけ医をつくる、

ドラッグストアの市販薬を試みなど。

 

これくらいで病院へ行くなんて。。。

と思う方は、まだまだ沢山います。

 

しかし、異変があった時は、自分で薬を購入するより、

医者へ行った方が、様々な事が圧倒的に節約されます。

 

薬も適切だし、医療用薬剤の含有量も異なるし。

 

市販薬か通院か迷ったら、

迷わず医者へ行った方がベターです。

 

 まとめ

今年で39歳。

頭の中はまだまだ中学生の思春期そのものですが、

確実に体は老いてきています。

ドラッグストアの市販薬では、

自然治癒力に陰りがあるってことなのでしょう。

 

この程度で。。。と思う年齢ではないのかもしれません。

35歳を超えて異変があったら、通院した方がベターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です