マンガは1巻1巻ワクワクしながらそろえよう。

ここ最近、静かなるドンを読破したくて仕方ありません。

うずうずして、もう気が気でありません。

 

紙のコミックや単行本はお金がかかるし、場所をとるし。

でも時々読み返すから、紙でもいいかな?

 

レンタルは安いけど、期限と送料が発生するし。

 

わざわざ漫画ミュージアム行くのはコスパ悪し、

年間パスポート作っても、コロナで急患したら意味ないし。

 

漫画はやっぱり、子供の時に時間をお金をかけていたように、

ウキウキしながら1巻ずつ揃えるのがベターです。

 

静かなるドンを読みたい

小学生6年時に、ドラマで静かなるドンを見て、

ああ、強くて優しくて裏表がある男って素敵!

と思い、コミックを10巻まで収集していました。

(ヒデちゃんが、最高にかっこよかった。)

 

しかし、中学に入ると僕も年頃で色気づき、

コミックにお金をかけることはなくなりました。

 

そして前日、スマホの無料版を閲覧していたら、

その面白さが再燃してしまい、目下となりました。

 

漫画ミュージアムで年間パスポートを作ってもいいのですが、

コロナで休館する時もあるし、何より外出は躊躇われます。

(漫画喫茶も同様。)

 

既に完結済の漫画を読む為には、

現在、様々な方法が考えられます。

 

・漫画喫茶(コスパ悪いけどすぐいける)

・漫画ミュージアム(電車代かかるけど個人的に施設が好き)

・レンタル(期限があるが最もコスパがよい)

・購入(高いし読み返さないと不要)

・スマホ無料アプリ(一気に読めないし無料は制限がある)

 

取捨選択可能なことはいいことですが、

1巻を手に取るという感動が、全くないことに気付きます。

 

 子供の時は漫画を買うのにドキドキワクワク

小学生の時に収集していた、比較的巻が多い漫画は、

ダイの大冒険、幽遊白書、ドラゴンボール、

らんま1/2、ロトの紋章、セーラームーン、

ジャングルの王者ターチャン、ハーメルンのバイオリン弾き、

海の闇月の影、などなど。

 

もちろん、ジャンブ等を読みながらでしたが、

コミックを購入する事は、大きな特別感がありました。

 

連載から概ね2か月から3カ月に1回の頻度で1巻が発売され、

おこずかいを貯めて1巻1巻を購入して揃えていくと、

自分にとって宝物になる感覚が強かった事を記憶しています。

 

必然的に大切にしましたし、

擦り切れるまで、何度も読み返しました。

 

高校生になっても、たまに何度も読んでいるにも関わらず、

読み返していたことも。。。

 

1冊1冊、時間をかけて揃えていくものって、

当時の楽しみが詰まっているから、

何度読んでも面白いんでしょうね。

 

漫画ミュージアムでも、

何度も読んでいるダイの大冒険を見て、

しばしば涙することがあります。

 

しかし、手に入りやすくなってしまうと、

格別に感じる特別感は薄れるものです。

 

 一気買いはワクワク感がない

以前、あるコミック一式を購入しました。

いわゆる大人買いというやつです。

 

13巻完結だったので、それ程の金額ではありません。

ただ、子供の時のようなワクワク感は消失しました。

 

さっと購入して一気に読破したので、

これといった思い入れもありませんでした。

 

1年経過した後、読みかえす事もなかったので、

あっさり売却。

 

連載開始から13巻を揃えるというと、

4年、5年の年月がかかります。

 

好きな漫画であれば、その間、

ずっと楽しみにしていたものです。

 

でも、一気に買いにはその時の経過がないので、

必然的に思いも何も湧かないのでしょうね。

 

1つ1つドキドキ、ワクワク感の攻略がないことは、

何んともツマラナイと実感です。

 

 ドキドキ感を求めるのなら

漫画の購入は、今は現実的ではありません。

ドキドキ感を求めるのなら、

ややコスパは悪いですが、漫画ミュージアムです。

 

漫画に囲まれて寝転がって読破。

子供の時のワクワク感の攻略は薄れますが、

やはり童心に戻れるお得感が満載です。

 

自宅から京都漫画ミュージアムまでは1時間。

 

漫画ミュージアム900円+電車賃往復1200円は、

ややコスパ悪いですので、

6000円の年間パスポートを購入することにしました。

 

休館になってしまった場合はパスポート期限が延長するので、

損切りはありません。

 

漫画を手にするなら、やっぱりワクワク感。

 

また子供の時のように、

毎週or1巻1巻の発売が待ち遠しい漫画に出会えたらいいなあ。

 

 まとめ

子供の時に購入した膨大な漫画は、

既に摩耗していたので、ベタベタ感もあり、

就職した時に親が捨ててしまいました。

 

ああ、何たる後悔。

時間をかけて揃えた漫画は思いが詰まった財産。

 

お子様の漫画は決して捨てることなく、

大人になっても大切に保管しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です