主夫税理士が自転車事故に遭う。自転車走行は細心の注意が必須。

昨日煮込んだ牛肉の肉じゃがは、

我ながら味が染みが上出来な仕上がりに。

 

パックに詰めて、今朝自転車でシェアオフィスへ行く途中、

事故に遭ってしまいました。

 

肉じゃがが粉砕し台無しに。。。

 

あと一歩間違えば、

肉じゃがどころではありませんでした。

 

僕自身も注意力散漫だったと反省しています。

 

 

 あと一歩間違えていたら。。。

詳細は伏せておきますが、

今朝、クロスバイクでシェアオフィスまで走行中、

交通事故に遭ってしまいました。

 

相手は車だったので、一歩間違えたら。。。

 

雨が降り出した直後だったので、

僕自身も注意力散漫になっていました。

 

決して相手だけが悪いわけではないと実感しています。

 

僕自身がもっと注意を払っていれば、

防ぐことができた事故だったに違いありません。

 

僕のBianchiのクロスバイクはタイヤがやや太く、

通常のクロスバイクよりも、やや車体に重さがあります。

 

だから通勤に適しており、段差や砂利でもガンガン走行可能。

 

これが軽いカーボンのロードバイクだったら、

受け身すら取れなかったのかもしれません。

 

自転車の走行は気を付けているつもりでしたが、

改めて、自転車は所詮、チャリンコだと認識しました。

 

 今までもヒヤッとすることがあったのに

実はこの1年、ロードバイクで走行していて、

何度かヒヤリとしたことがあります。

 

湖岸の駐車場から車が飛び出してきたり、

交差点で一時停止しない車と遭遇したり。

 

また、スマホをしながら走行しているロードバイクと、

お互いに衝突しそうになったり。。。

 

そういえば、日常、交差点からも飛び出してくる車は沢山います。

 

どんなにカッコイイ自転車でも、

高額でスピードが出るロードバイクでも、

所詮はチャリンコ。

 

当然ですが、車両には勝てません。

 

事故に遭った今日は、報告予定の単発依頼を遅延させ、

現場検証、通院、自転車屋さんへ修理へ依頼など。

 

なるほど、1人だと、こんな僕の仕事ですら、

誰かが影響を受けるのですね。

 

自転車での走行する際は、ままちゃり、スポーツバイク、

またロードバイクでサイクリングに関わらず、

改めて速度や交通法規を守るべきだと実感です。

 

時間が経ってきたら打撲の痛みが酷いので、

今日はこれにて終了です。

 

 まとめ

幸運にも骨折はなく、打撲とすり傷等で済みました。

 

夕方になってから打撲が酷くツライですが、

肋骨等も損傷がなく、本当に奇跡的でした。

 

ビアンキもフレームに目立った損傷がなく、

ペダルが変形した程度でした。

その他、変速機とフレームは事故確認見積に。

 

僕は特別な事が無い限り、

事故はお互いの不注意だと思っています。

 

相手の方にも、迷惑をかけてしまいました。

お互いにいい事はありません。

 

クロスバイクでもロードバイクでも、マッマちゃりでも、

自転車で走行する際は、細心の注意を払うべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です