主夫的税理士生活。夕食が面倒な時はフライパンで焼き野菜。

ここ数日間、事故の痛みがあり、

お料理をすることが億劫です。

 

打撲は徐々に回復しているものの、事故の影響からか、

和らいでいた、帯状疱疹神経痛がやや活発に。。

 

ああ、夕飯の支度が面倒くさい。

でもお惣菜を買うなんて、贅沢なことはできませぬ。

 

夕飯が面倒な時は、野菜を切ってじっくり焼くだけです。

見た目は。。。ですが、中はホクホクです。

 

 

 じっくり焼いた焼き野菜はおいしい

ああ、夕飯が面倒。

と言う時は、フライパンでただ野菜を焼きます。

 

最も弱火で多めのオリーブオイルとバジル(又はオレガノ)のみです。

味つけなどしません。

 

じっくり焼くので、じっくり焼くと美味しい野菜がお薦めです。

 

カボチャは時間をかけて焼くと、

さつまいものようにホクホク。

カボチャを買う時は、水分が多いものは避けます。

 

レンコンは御餅のようにねっとり。。。

 

根菜類は、揚げ焼きのようにするのがベストです。

 

また、パプリカは低温で焼いて焦がすと、

とっても柔らかな甘さになります。

 

オリーブオイルはケチらず、

たっぷり使って最も弱火でじっくり焼きます。

落し蓋はアルミホイルを使い、全体に熱を充満させます。

 

絶対にアルミニウムで落し蓋です。

今日は甘唐辛子とパプリカ、カボチャです。

 

 味付けは塩のみ

ドレッシング等の味付けは不要です。

 

せっかく多めのオリーブオイルの焼いたので、

シンプルに塩コショウのみです。

 

強いて言えば、冷ややっこ用のショウガを薬味に使ってもおいしい。

ショウガはチューブなど使用せず、

しっかりとすり下ろします。

 

野菜ぎゅうぎゅうのオーブン焼き楽ちんですが、

フライパンで焼いた方が、カリッと感が大きいのですよね。

何よりオーブン40分ほど焼時間がかかります。

 

ああ、食事の支度が面倒くさい。

手抜きをしたい!

そんな時は、プライパンの焼き野菜がお薦めです。

 

なお、カボチャはフライパンで30分程時間をかけて焼くので、

なお、決して時短ではありません。

 

 まとめ

電子レンジだと、あのパリッと感が出ないのよね。

結局の所、カレーや煮物などの具材も、

電子レンジで下ごしらえしていません。

 

普通に硬いまま煮込んだ方が美味しい。

そしてレンジを使わない方が、

ただ具材を鍋に葬るだけなので楽です。

 

料理は普通が一番です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です