新しいワイヤレスイヤホンAVIOTが届く。3年前のAVIOTより圧倒的にハイスペック。

新しいワイヤレスイヤホンが届きました。

 

嫁さんが洗濯機にかけてしまったので、

やったー!新しいの買ってもらえる!ということで、

新しいイヤホンが届きました、

 

3年前に購入したメーカーと同様のAVIOTです。

たかが3年の間ですが、ワイヤレスイヤホンの進化にびっくりです。

 

 

 

 従前のワイヤレスイヤホン

AVIOTは10,000円以下で購入できる

ワイヤレスイヤホンシリーズでは有名なメーカーです。

 

ANKERやJVCなども優秀なようですが、

僕はオシャレなAVIOTが好きです。

 

3年前に買ったAVIOTは8,000円程のものです。

ノイズキャンセリング等の特別な機能はなく、

シンプルに音楽や音声を聞くだけ。

 

有線がなくなっただけで満足でした。

全く使用感に問題はありません。

 

難点というと、ちょっと箱に衝撃を与えただけで、

「電源オン!」という声が聞こえてくるくらい。。。

 

 

また、だんだんと蓋がゆるんできて、

蓋を閉めてもパカっと開いてしまうことが。。。

バックに入れておくと、蓋が開いてイヤオンが迷子に。

 

ただし、8000円という価格からすれば、

十分な合格レベルでした。

 

ペアリングも問題ないし、嫁さんが壊さなければ、

まだまだ使用していました。

 

しかし、せっかく壊してくれたので、

ちょっといいのが欲しくなりました。

 

 新しいワイヤレスイヤホン

Amazonで10,000円。

家電量販店だと13,000円でした。

 

 

音楽と音声だけ聞ければ良かったのですが、

せっかくの機会なので、ノイズキャンセリング機能があるものに。

 

3年で随分と進化したものです。

この価格でノイズキャンセリング、外音取り込み、通話機能あり。

 

従前のイヤホンは、音量変更や電源オンオフ、

また曲送り・再生・停止等の際には、

カチっとボタンを押す作業がありました。

 

しかし、イヤホンのくぼみに触れるだけで、

それらの昨日が簡単に行えます。

(逆をいうなれば、少し触れただけで停止してしまう。。。)

 

 

ただ、ノイズキャンセリングは凄いです。

しっかり外音が遮断されて、音楽が心地よく効けます。

 

集中してエロ動画を見たい時は、おそらく快適でしょう。

 

自転車走行中等は、外音取り込み機能に即座に変更可能なため、

非常にスマートに切り替え可能です。

 

難点といえば、磁力が強く蓋が180度開かないので、

とても取り出しにくいこと極まりありません。

 

ちょっと指を湿らせないと、ツルっと滑って取り出せません。

今度は磁器が強く、蓋の開閉の心配無用ですが、

代わりにイヤホンを取り出しにくという。。

 

ただ、とても満足度が高いワイヤレスイヤホンです。

やっぱりAVIOTはやってくれます。

 

定期的に買い替えもありかも

使えるものは壊れるまで、ずっと使った方がいい。

というのは、紛れもなくエコです。

 

まだまだ使用可能なものを買い替える行為は、

環境汚染の賜物あることは言うまでもありません。

 

ただ、従前のものを大切にしつつ、

定期的な買い替えも大切かなと。

 

3年前のワイヤレスイヤホンと比較したら、

その価格に比する使用感は、機能的にもアップしていました。

 

僕の15.6型のレノボは購入後、2年半経過。

13型ののレノボはこの10月で丸2年経過します。

 

こんなダメ税理士がCorei7、256SSDを買ったので、

調子やスピードが悪くなる気配が全くありません。

 

しかし、パソコンも何かしら進化しているでしょう。

 

従前のものを大切にしつつ、一定の科学技術の変化を感じるのであれば、

買い替えることもベターな選択です。

 

 まとめ

といいつつも、オンライン会議でイヤホンを使用するのなら、

ワイヤレスではなく有線に限ります。

 

嫁さんが使用している有線イヤホン(ソニーの高いやつ)を、

先日こそっと借りて使ったところ。。。。

 

音や音楽の美しさの観点では、

圧倒的に有線>>>ワイヤレスでした。

 

有線イヤホンの科学技術も侮れません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です