電話による問い合わせは天秤にかけられる事が殆ど。自ら天秤に乗って揺さぶってやろうじゃない。

ここ最近は減りましたが、月に何度か、

電話による問い合わせがあります。

 

営業や冷やかしを除くとして、

確定申告、個別相談、税務顧問等など。

 

直接電話をかけてくる場合は、変な人が多い。

という方もいますが、僕は電話をとれる時は、電話にでます。

(もちろん、遊んでいる時は出ません。)

 

知り合いから、直接電話をかけてくる人は変な人が多い、

と言われ、自分を省みてみました。

 

電話による成約は、今まで覚えている限り、

顧問1件、単発業務(相談、決算)5件です。

 

電話による問い合わせは、天秤にかけられている事が殆どです。

 

 

 電話は変な人が多い?

失礼な営業電話が数多いですが、

業務に関する電話問い合わせは一定数あります。

 

決算や相談、顧問、確定申告などの電話問い合わせは、

月1件から3件程度(少な!)ですが、確実にあります。

 

大抵の場合、安くやっていただけるか?

という質問が多いですが、普通の感覚だと思います。

 

確定申告や決算はかくかくしかじかだから、

安く受注すると割に合わない。ということは事実です。

 

しかし、それは税理士さんの事情であり、

少しでも出費を減らしたい。と思うのは、いたって自然な感覚です。

 

とはいうものの、電話をかけてくる方に、

変な人が多いとも聞いたことがあります。

(本当がどうかわかりませんが。。。)

 

確かに、電話やZOOM等で長々永遠と話をしたものの、

その後音沙汰無。。。という方は結構います。

 

人と人が関わる礼儀として、

NOならNOという意思表示をするべきです。

 

そういう意味では、いきなり電話をかけてきて、

やっぱりいいや!さよなら!という勝手な方は多いです。

 

 電話の成約率は低い

成約する可能性はおそらく2割程度です。

 

顧問や申告の問い合わせは、電話で面談を受けて、

実際に対面して落選という事が春先に結構ありました。

 

不思議ですが、HPから問合フォームからの受付は、

あまり不成約というものはありません。

 

電話で受けた問合わせの場合、

いくつかの天秤にかけられている事が殆どです。

 

その天秤からふるい落とされることが多かったようです。

じっくり天秤の高さを見極める為に電話をしたり、

実際に会ってみたりなど、理に適っている行為です。

 

だからこそ、電話による成約率は低いのでしょう。

 

 電話問い合わせは天秤をかけている事が多い

電話を受けて対面する場合、かなり非効率です。

 

オンライン会議が常識になった現在、

わざわざ、天秤にかけれるためだけに赴く事は、

何だかバカバカしいと自分でも感じます。

 

まさか期待に胸を弾ませるわけでもないですが、

成約に至らなかった時のダメージが無いわけではありません。

 

天秤にかけられる為に、電話を受けたり、

対面する事を止めていいとアドバイスされましたが。。。

 

今の所、まだまだ進んで天秤にのるつもりです。

 

婚活サイトのように、自分に都合がいいだけの好みの相手を、

ショーケースから商品のようにセレクトする事は嫌いだからです。

 

著しく効率はいいでしょうが、人間は物ではない。

愚かに人をセレクトするくらいなら、自分がセレクトされた方がマシです。

 

確かに、180度自分とマッチしない相手に携わることは、

大いなるストレスで僕も嫌です。

 

脱税等の嗜好はもっての外です。

 

しかし、人的性格や個人の特性は、対人間関係のストレスである一方、

本当は対人関係の面白さである事が、このコロナでハッキリしました。

 

気が合わない1人の納税者と浅くとも、徐々に関係を形成していくことも、

この仕事の面白さだと感じます。

 

その面白さには、お互いイライラする、まったくもう!といった、

精神的なジリジリする感情を含んでこその面白さです。

 

だったら進んで天秤に乗ってやろうじゃない。

ここ1週間は、天秤にかけられるweekです。

 

 まとめ

天秤にかけられる事は、以前程嫌ではありません。

 

どうせ天秤にかけられるのであれば、

僕もガッツリ拝見しようと思います。

 

そして、あまり良い性格ではありませんが、

僕からも揺さぶりをかけます。

 

でも流れてしまったらダメージを受けるので、

嫁さんに長浜まで行って、鰻をおごってもらう予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です