スーツがない弊害。式典に参加できない!

この夏は短パンとTシャツで顧客訪問。

 

職業にふさわしい服装があると理解していますが、

現在の気候や風土を考慮するといささか。。。

 

冠婚葬祭以外のスーツを捨てて早2年。

遂にスーツが無くて困ることが発生しました。。。

 

流石にリラックス効果抜群で、

協同組合の式典に行く勇気がありません。

 

 

 協同組合の式典に行きたい

協同組合の式典案内がやってきました。

 

会場は当然ホテル。

安藤キャスターの話。

音楽の演奏。

懇親会の簡素な食事(多分)。

 

他の税理士さんとの顔合わせなんて、どうだっていい。

だって、誰とも付き合いないし、知らないし。

 

研修会なんてどうだっていい。

きっと眠ってしまいます。

 

しかし、久しぶりのホテル雰囲気と匂いを味わいたい。

安藤キャスターの話が聞きたい。

音楽の演奏をじっくり無料で聞きたい。

 

懇親会の簡単な食事。(予想)は捨てがたい。

きっと飲み物程度は提供されるでしょう。

 

式典に行きたくてしかたありません。

 

 ホテルの食事がおいしい

コロナになる前、支部の懇親会や青税の式典に行きました。

 

目的は優秀な税理士さんとの交流ではありません。

そんなのどうだっていいのです。

 

目的は飯です。

ホテルの飯はとってもおいしい。

 

知り合いがいない僕は、支部会や青税の式典で、

1人ひたすら飯を食っていました。

 

ホテルで提供されるご飯というと、

それはそれは美味しい食事が用意されています。

 

青税は式典の時の1度だけの参加でしたが、

マリオットホテルのフルコースを、

ただ飯できると友人の税理士からそそのかされ参加。

 

全く交流などぜず、私服でひたすら飯を食っていました。

 

しかし、協同組合の式典!というと、短パンで参加できません。

スーツがないことの弊害が発生しました。

 

 スーツは便利で無難

この2年半の間で、スーツがあった方がいいかしら?

という事態も何度かありました。

 

租税教室はユニクロで乗り切りましたが、

ある程度緊張感が必要な場では、適した服装ではなかったかなと。

 

市役所の税務支援(税務相談)や確定申告の集合会場の当番でも、

あまりいい顔はされません。

 

スーツのいい所は、やはり無難な服装だということです。

私服の場合、それなりに不適切ではないか考えます。

 

それに一応は式典という名称なので、フワフワした服装では、

ちょっと場違いだぞという常識は僕にもあります。

 

そこで今後の事も考慮して、上着の購入を考慮しています。

開業して以来、上着というと、ナイロンパーカー等を愛用してしまい、

現在はジャケットすら持っていません。

 

泣く泣く協同組合の式典に悔恨していますが、

今後はただ飯を損なわないよう、ジャケットで代用する予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です