ドタキャン、すっぽかし、返信なしが相次ぐ。余暇の逸失は多大な損失。

ここ最近ドタキャンやキャンセル等が相次ぎ、

とてもイライラしています。

 

また、HPからの問い合わせに対して返信がない。

記帳指導の前日キャンセルや30分前のドタキャン。

打ち合わせのすっぽかし。

 

嫌になってしまいますよね。

その理由ただ1つわかっています。

 

単に僕が舐められているだけです。

そこで今後の対処方針を改めました。

 

当たり前のことですが、今まで疎かにしていました。

 

 ドタキャンして何が悪い?

当日キャンセルやドタキャン、すっぽかしをする人間は、

自分が悪いだなんて一切思っていません。

 

学生時代など、必ず待ち合わせに10分、15分、

遅延する友人がいた経験をした方も多いはずです。

 

例えば、12時に駅で待ち合わせをして、

必ず12時までに駅に到着する電車に乗らないタイプの人間です。

 

そういう人間は、12時までに到着しようという気がないので、

遅刻が迷惑行為だという概念がそもそもありません。

 

僕は昨年の今ごろ、ちょうど1年前に、

初めてすっぽかしやドタキャンを何度か経験しました。

 

その行為自体に腹は立ちませんが、

最も問題である事は、時間の逸失です。

 

ああ、漫画ミュージアムに行けたのに。。。

こんないい天気、ロードバイクに乗れたのに。。。

 

嫁さんと出かけられたのに。。。

他の仕事の予定を入れたのに。。。

 

面談を伴う問い合わせの場合、日時等の返信が無いと、

一向にスケジュールが決まらず、漫画ミュージアムに行けません。

 

しかし、全ては僕が舐められているのが要因です。

(と、嫁さんは助言してきます。)

 

真っ青な琵琶湖ブルーを味わえる快晴の日に、

ドタキャンなんて味わいたくありません。

 

そこで今後は対応方法を変える事にしました。

 

メールは返信期限を設ける

僕は今まで申告や顧問の問い合わせメールに対し、

返信期限等を設けていませんでした。

 

通常は期限を設定するようですが、

いついつまでに決めて!というのが、せわしないからです。

 

面談日の設定など、相手にも予定があるので、

直ぐに決めることは難しいかな?と気を遣っていたつもりですが。。。

 

しかし返信がないと、僕のスケジュールも決まりません。

 

以前、なかなか返信がなく、返信があった時は他の予定を入れていた為、

「もうアウトです。さようなら。」としたところ、

怒られてしまったことが。。。

 

そこでお問い合わせがあった時には、

今後は明日までにご連絡ください。

と返信期限を設けることにしました。

 

大抵の方は1日以内に返信をいただくので、

多分、それが普通なのでしょう。

 

ストレスが溜まるような方と仕事をする事は、

今後は避けていこうと思います。

資料をいただけない。といった必ず事態が発生します。

 

もう舐められることはこりごり。

明日までに返信ないなら、

さようならと記載することにしました。

 

 前日に連絡をする

個別税務相談や記帳指導は、予定日の1日~2日前に連絡します。

しかし、既存顧客に対してはしていません。

 

そして既存顧客でも、すっぽかしがありました。

また、以前は資料回収を忘れられたことも。。

 

中には消費税の届出書の説明など、

重要な打ち合わせの予定もありました。

 

別にいいんですよ。

自己責任で自分で判断して税務署に届出してください。

と言いたい所ですが、さすがに職業倫理に抵触しそうです。

 

そこでウザイようにも思えますが、

前日に、明日伺いますメールをすることにしました。

 

うざいなあ、信用ないのかなあ?と思われるかもしれませんが、

今後は連絡をする事にしました。

 

基本的な事をしていなかった僕が悪いのです。

 

あー遊びに行けたのに。。。という悔恨は、

もう2度と味わうことがないように努めます。

 

まとめ

ああ、ドタキャンやすっぽかしがなければ、

カレー食いに行ったり、

漫画ミュージアムに行ったり、

サイクリングに行ったり。

 

なんだ、結局遊びかよ。と言われそうですが、

その余暇の逸失の利益は相当なものです。

 

ドタキャン等の回避をしていなかった僕が悪いので、

今後はより厳格にしていく所存です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です