仕事が面倒で仕方ない時の心の安定のはかり方。

1人で仕事をしていると、誰だって心穏やかでない時がある。

と、しばしば耳にします。

 

本当なのかしら?と半信半疑ですが、

僕もよく、心のアンバランスが生じます。

ああ、もう全ての仕事が面倒くさくて仕方ない。

 

心穏やではない時は仕事はせずに、

自分なりに心の安定をはかるようにしています。

 

無我夢中で動く!

誰かと対面でマシンガントークする!です。

 

琵琶湖の水位が確実に少ない!

 

 心の安定の図り方は難しい

1人で仕事をするようになって実感したことは、

思った以上に、心の安定の図り方が難しいことです。

 

全ての事がうまく運んでいる時はいいのですが。

一度、悪い循環に流されてしまうと、

心の動揺が生じ、うまくバランスをとることができません。

 

僕は仙人のような意識高い系の自己啓発は嫌いなので、

ヘナヘナとやる気ない系の人格に変化してしまいます。

 

そんな間が悪い時に仕事の依頼が来ると、

ああ、面倒くさい。と本心から思ってしまいます。

 

そんな状況を打破する為に、

自分で心の安定をはかるようにしています。

 

無我夢中で動く!

月曜には、無我夢中でサイクリングしました。

雲一つない快晴で、しかも琵琶湖からの風がほぼ無い。

 

秋から春までは強烈な風が吹くので、

サイクリングに最適な日和は、

あまり到来しないと聞きます。

 

 

草津⇔米原間は、お手軽コースで往復6時間半くらい。

景色を楽しむ余裕や意識はありますが、

走行中、実はあまり何も考えていないことがあります。

 

ストレス発散の為にサイクリングする時は、

無心の状態であることもしばしば。

 

6時間程度の走行でも、やはり肉体的に疲労します。

その無心の時間があることで、心の位置がピタッと定位置に戻ります。

 

 対面でマシンガントークする

火曜日には昼から3時間程、

知り合いのフリーランスとマシンガントークをしました。

 

対面でのマシンガントークは、1年ぶり以上です。

ええ、ほぼ愚痴なのですが、一応は会議費です。

 

誰かに話すことは、心のバランスを取ることが重要だと

実際の医学でも証明されています。

 

ただし、僕の場合、それは同業者とのトークではありません。

全く別の仕事をしている方とのトークです。

 

同業とのトークは仕事の話が介入するため、

あまり楽しくありません。

良い意味でも悪い意味でも、心の動揺を生じさせます。

 

コロナ禍以降、マシンガントークするというと、

ZOOMやライン会議を利用していましたが、

対面とオンラインでは、その温度差に開きがありました。

 

面と向かって言葉の熱量(熱い愚痴の熱量)を伝えるというのは、

オンラインでは実感し得ない当たり前の日常でした。

 

イライラ続きでにっちもさっちも。。

という時には、対面してマシンガントークが最も効果的です。

 

 まとめ

僕は週2で必ず仕事をしない日を設けていますが、

毎日何かしらの仕事をしている方は大勢います。

 

本当に凄いなあと。。。

 

いやいや、その程度の収入で遊び呆けている、

お前が凄いよ、という方もいるので、人生いろいろだなあと。

 

人により安定の方法は様々ですが、

とっておきの1つは必ず確保しておく方がベターです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です